記事

日大悪質タックル問題を“炎上案件”にしたメディアの責任


【これほどまでに“社会的制裁”を与える必要があったのか(時事通信フォト)】

 テレビはこの3週間、朝から晩まで何度「タックル映像」を流したのか。無数のフラッシュを浴びた反則選手は引退し、指示を否定したまま監督もコーチも辞任に追い込まれた。その後の日大選手たちにも過度な注目が集まり、躍動の場を奪われている。多くの人がルールも知らない学生スポーツの1つのラフプレーを、誰が「視聴率の稼げる社会現象」に祭り上げたのか──。

「レッツ、ゴー、KG!」。大阪府吹田市の万博記念公園内のグラウンドに、青いミニスカートをはいたチアリーダーたちの黄色い声援が飛ぶ。関西学院大学アメリカンフットボール部のクォーターバック(QB)、奥野耕世選手(19才)の右手から放たれたボールは美しい放物線を描き、38ヤードのタッチダウンパスになった。

 ワイドショーやニュース番組で見ない日はない「日大アメフト部タックル騒動」勃発から3週間後の5月27日、反則タックルを受けて負傷した奥野選手が復活して、フィールドで躍動した。

「すごい騒動やけど、けがはたいしたことなさそうや。本番の秋シーズンは活躍するやろね。去年の大学チャンピオンの日大はもうアカンやろから、今年はKG(関学)で決まりやな」(観戦していた関学ファンの1人)

 反則した日本大学の宮川泰介選手(20才)は競技からの引退を表明した。会見で深々と頭を下げ、反則までの経緯を隠さずに淡々と話した姿は、意外な反応を誘った。

『とくダネ!』(フジテレビ系)の小倉智昭は「昨日の20才の青年の記者会見、立派でしたね」と評価し、「彼がやった行為は追い詰められて(中略)本当に大人に腹が立つ」と語った。

『バイキング』(フジテレビ系)MCの坂上忍は、「まだ20才ですよ。この間まで未成年。そんな子がなんで、あんな席であんなことを告白しなければならなかったのか」「ぼくは宮川くんの言葉を信じたい」と全面擁護した。

 しかし一方で、自身も高校時代にアメフト部だったというジャーナリストの木村太郎氏は『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でこう語っている。

「(指導者から)QBを潰してこい、壊してこいって言われたことはよくあります。でも、それは決して(プレー終了の)ホイッスルが鳴っているのに、後ろからタックルするなんてことは、(指導者は)到底思っていない」

 辞任した内田正人・前監督(62才)や井上奨・前コーチ(29才)は世間から総バッシングを浴びている。しかし、彼らは「反則しろ」とは指示しておらず、精神的に追い込まれたにしろ、宮川選手の“指示の受け取り方”が異常だったのではないかという木村氏の指摘だ。井上コーチの元チームメートが言う。

「井上がかつて出演したとされる『ゲイビデオ』騒動まで蒸し返されていることが、本当に不憫で…。2013年8月に週刊誌で彼がゲイビデオに出演したことが報じられたんですが、そのビデオは彼がやむなく背負った借金のために、無理やりに出演させられたそうです。そのために就職もできず、井上は整形手術するまで追い込まれたらしい。内田監督は“ビデオに出たのは井上じゃない”と周囲を説得して、なんとか日大職員に就職させた。井上は厳しいところはあったけれど、本当は後輩思いのいいやつのはずです」

 反則した学生はいい子で、指導者は“悪者”──しっかりした捜査や検証のないままそんな世論ができあがったのには、「日本人に特有の“スポーツに打ち込む学生は純粋”という固定観念がある」と指摘するのは評論家の呉智英氏だ。

「高校野球や箱根駅伝など、日本人にとって学生スポーツは汗と涙の青春の象徴です。ひたむきなプレーが感動を誘うためには、選手たちは“鬼コーチのしごきに耐える純真無垢な存在”でなければいけない。今回の騒動も、そうした構図で語られていますが、宮川氏は成人した20才の立派な大人です。選挙権が18才以上になって、成人年齢を18才にしようという議論が起きている昨今に、彼がスポーツに打ち込んでいたからって、“子供扱い”するのは間違っています。

 実際、宮川氏がやったことは、“自分が試合に出るために、反則して相手選手をけがさせる”という私利私欲です。監督やコーチの指導法に問題があったにせよ、個人としての責任も大きい。スポーツで最低限のルールも守れない、いい大人を礼賛する日本の風潮には違和感を持ちます」

◆司会者を苛立たせたメディアの責任

 そもそも学生アマチュアの親善試合で起きた1つのラフプレーが、朝から晩まで報じられることは前代未聞だ。相手が命にかかわる重傷を負ったとか、日本チャンピオンを決める大一番の試合だったとか、深刻なシチュエーションでもなかったのに、刑事告訴に至るほどの大騒動になったのには、こんな理由がある。立教大学でメディア学を教える砂川浩慶氏が語る。

「今流行りのインスタ映えではないですが、“テレビ映え”する映像の存在が大きいです。そもそもアメフトというスポーツはマイナーで、経験者はごく少数だし、ルールを知っている視聴者だってほとんどいません。

 しかし、たまたま観客が撮影していた映像がツイッターで出回った。しかも、見栄えのする赤色と青色のユニホームの選手が入り乱れ、激しく接触する“迫力”と“スピード感”のある映像。誰が見ても反則だとわかりやすい。もしあんなにきれいに映っていなかったら、テレビが取り扱うこともなく、今でも全国の人が騒動を知ることもなかったと思います」

 実際、「タックル映像」が初めて『めざましテレビ』(フジテレビ系。5月14日放送)で流れると高視聴率をマーク。テレビ業界にはその噂が広まり、後追いするワイドショーやニュース番組が続出。あれよあれよという間に、“社会現象”になった。

 テレビ局がほしがる「画」でなかったら、宮川選手の会見に報道陣が殺到することも、そもそも会見を開くこともなく、彼は充分に反省した上でまだアメフトを続けていたかもしれない──。

 23日に行われた内田前監督と井上前コーチの会見にも150人を超える報道陣が詰めかけた。司会者の日大広報部職員が「しつこいですよ」「監督、話さないでください」と“暴言”を吐いたことも話題になった。しかし、砂川氏は「司会者が苛立ったのも理解できる」と、こう指摘する。

「テレビのアナウンサーたちが同じような質問を何度も何度も繰り返していました。記者は普通、質問を準備して会見に臨みますが、他の記者が同じ質問を聞いたら自分はその質問はしないものです。しつこく聞いたのは、テレビ局の都合のように感じます。

 各局はいろんな番組の女子アナやサブキャスターを会見に送り、彼らが監督やコーチを追及している場面の映像がほしかったんでしょう。今回は特に監督やコーチから納得のいく説明がなかったから、どの番組も“ウチが追及したい”と。だから、同じ局でもそれぞれの番組で“画”がほしいから、次から次に同じ質問をする女子アナが出てくる。“ウチの女子アナが活躍してますよ”というアピールにも見えます。記者会見としては、稚拙な印象を受けました」

 したり顔で「大人に腹が立つ」と語ったキャスターがいたが、「大人の事情」で騒動を拡大させたのは、誰なのか。

※女性セブン2018年6月14日号

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  4. 4

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  5. 5

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  6. 6

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  7. 7

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  8. 8

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    安全な登下校を脅かす受動喫煙

    にしゃんた

  10. 10

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。