記事

橋下徹「日大広報が炎上した本当の理由」

“あの事件”の対応を誤ったせいで、日本を代表する私学・日本大学が窮地に立たされている。橋下徹氏によれば、その原因は危機管理の拙さだ。不祥事が起きたときに組織はどのような記者会見を開けばいいか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月29日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

■ダメダメだった釈明会見! あの司会者はどう仕切ればよかったか

日本中で大騒ぎになった日本大学アメリカンフットボール部のラフ・プレー事件。日本大学が何かアクションを起こせば起こすほど、騒ぎは大きくなる。危機管理対応としては絶対にやってはいけないことのオンパレード。これって日本大学危機管理学部の教材にするためにわざとやっているのではないかと思うくらい、ほんとダメダメな対応だった。

写真=iStock.com/razihusin

日本大学の組織として、何の方針も決めないまま、後手後手で会見を開くありさま。付属の中学校や高校を含めた学校法人としての理事会や、大学単体の最高意思決定機関において、本件問題を議論したことはないらしい。騒ぎになってから、もう1カ月近くも経っているというのに。

加害生徒が顔出しの会見を立派に開き、当初の日大アメフト部の主張を真っ向から否定し、本件ラフ・プレーは日大アメフト部の内田正人前監督や井上奨(つとむ)前コーチが指示したものである旨をしっかりと主張したことに慌てて、内田前監督と井上前コーチが会見を開いた。この会見は何の準備もしていないことが明らかだったね。弁護士も同席させていなかったし。

認めるべきところは何か、謝罪すべきところは何か、そして認識の違いとして主張すべきところは何か、についての事前の整理が何もなされておらず、自分たちの責任を小さく見せようという姿勢がアリアリの会見だった。

何と言っても、そのときの司会者がイカしていたね。極めて横柄な態度。この会見を国民が見ているかどうかは関係ない! 日本大学のブランド力は落ちない! と、まあ日本大学のダメージを回復するどころか、日本大学のイメージをこれでもかと破壊していた。

この司会者は、日本大学の広報担当の職員らしいんだけど、元々共同通信の記者をやり、論説委員などを務めた出世頭だった模様。だから記者会見に来ていた記者に対して先輩風を吹かせたんだろう。

確かに、記者会見の記者の質問も酷い。同じような質問を各記者が繰り返す。同じテレビ局が、番組ごとに質問をしていた。番組のスタッフや記者などが番組名を名乗って質問し、それに対して日大側が答えるシーンを撮るためだ。つまり自分たちの番組に対しての回答という画が欲しいだけ。

そういう記者の質問に対して、あの司会者は記者としての先輩風を吹かせたのだろうが、これは完全に失敗だった。だって日大側は、自らの不祥事を釈明する会見なんだから、偉そうにできる立場ではない。偉そうにしようものなら、視聴者の反感はたちまちピークに達してしまう。

日大側は、ここはグッとこらえてダメージ回復に努めなければならなかった。各記者が同じ質問を繰り返してきたときには、「恐れ入りますが、先ほど同様の質問にお答え致しました。本会見の時間には限りがございますので、次のご質問者様にお譲り下さい」くらいのかわし方をすればよかったんだ。

■不祥事記者会見のコツは、主催者が「マイクの主導権」を握っておくこと

そもそも、メディア1社に1つの質問と、その答えに関連して1回の再質問権を与えるルールにしておけばよかった。つまり記者が質問し、それに日大側が答えて、さらに記者が関連する再質問をして、また日大側が答える。これを1社にワンセット与え、同じ放送局内での各番組に個別の質問権を与えることはしないようにする。日大側がこのようなルールを正面切って主張したら、放送局側も文句は言えないよね。だって対外的には放送局が一つの主体であって、番組というのは放送局内での内部の話に過ぎないからね。特に、「限りある時間を有効活用するために」と日大側が言ってくれば、放送局はなおさら無理なことは言えない。

そしてマイクの取り扱いなんだけど、質問者が質問を終えれば、日大側はその都度マイクを引き揚げるべきだった。すなわちマイクの主導権は常に日大側が握っておくべきだった。記者にマイクを渡したままなら、記者に主導権を握られる。日大側が記者の質問を制止しようとしても、記者が「はいそうですか」と聞くわけがない。そしてそれを無理矢理制止しようとすれば、あの司会者のように墓穴を掘ってしまう。

このようなことは記者会見対応方針として、日大側はしっかりと事前に準備しておくべきだったところ、日大側は何も準備していなかったようだ。この内田前監督、井上前コーチの記者会見があまりにも批判を浴びたので、今度は日本大学の学長が記者会見を開いた。さすがに学習していたのか、あの横柄な司会者は交代させ、記者が質問を終えるたびに日大側がマイクを引き揚げる旨を通告していたけど、うまく実行できなかったようだ。結局、会見の主導権は記者たちに握られていた。

不祥事釈明の記者会見のコツは、マイクの主導権を握り、記者側に渡さないこと。これが全てだ。しかしこのやり方も横柄感を丸出しにするのではなく、記者全員に質問の機会を与えたい旨を力説する。そして同じ質問が出てきたときには、丁寧にかわすフレーズを事前に決めておく。

(略)

■内田前監督・井上前コーチの社会的責任と刑事責任を混同するな

今は、内田前監督や井上前コーチが、ラフ・プレーを直接言葉で指示したのかどうかに焦点が当たっている。

しかし内田氏や井上氏の社会的責任を論じるにあたっては、ラフ・プレーを直接指示する言葉があるかどうかはどうでもいい。ラフ・プレーを直接指示する言葉がなくても、加害学生が追い込まれていた状況や、この学生が普段はラフ・プレーはしていないのに、今回に限ってあれだけのラフ・プレーをしてしまったこと、さらに試合直後にこのラフ・プレーを容認していた内田氏の発言(後に撤回されるが、撤回の方が信用性なし)などを合わせて考えると、今回のラフ・プレーは内田氏や井上氏の指示に基づくものだったと考えざるを得ない。

(略)

確かに、ラフ・プレーを直接指示する言葉があったかどうかは、刑事責任を論じる場面では意味がある。故意犯なのか、過失犯なのか、起訴すべきか、起訴は猶予すべきか、仮に刑に処するとしてどれくらいの刑罰が妥当か、などを判断するにあたっては、ラフ・プレーを直接指示する言葉があったかどうかを精密に確定する必要が出てくる。

しかし、スポーツの試合の場での刑事責任は、超特殊な超例外的な場面でのみ問われるべきであり、今回議論しなければならないことは、内田氏や井上氏、そして日本大学側の社会的責任である。つまり内田氏や井上氏のアメフトや大学への今後のかかわり方、さらには日本大学アメフト部が今後存続することができるのかどうかの話である。このような話をする際に、内田氏や井上氏がラフ・プレーを直接言葉に出したかどうかは、たいした意味を持たない。加害学生がラフ・プレーを指示されたと受け取ったそのような環境を、指導者が作ったことだけで指導者は責任を問われることは当然だ。

今、社会的責任と刑事責任が混同されて、内田氏や井上氏が、ラフ・プレーを直接言葉に出して指示したのかどうかに焦点が当たっているが、ここは区別すべきである。内田氏や井上氏がラフ・プレーを言葉で直接指示していないと言い訳ができる場面は、刑事責任を問われる刑事手続きの場であって、被害学生や関西学院、そして世間に対して釈明する、すなわち社会的責任を論じる場面では、今回のラフ・プレーは内田氏、井上氏の指示に基づくものであることを全面的に認めるべきである。

その上で、「刑事責任の場においては、細かな事実関係については、自分の思いを述べさせて頂く」旨を主張することは当然許される。これは刑事被疑者、被告人の当然の権利だ。しかしそれ以上に、被害学生や関西学院、そして世間に対して、自分たちの社会的責任を少なくするような弁明を許す必要はない。

(略)

(ここまでリード文を除き約3200字、メールマガジン全文は約1万3500字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.105(5月29日配信)を一部抜粋し、加筆修正したものです。もっと読みたい方はメールマガジンで! 今号は《【学校スポーツ改革】大ピンチ日大! アメフト問題にどう対応すればよかったか?》特集です!

(前大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹 写真=iStock.com)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.106は6月5日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ http://ch.nicovideo.jp/toruhashimoto

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  4. 4

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  5. 5

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  6. 6

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  7. 7

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  8. 8

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    安全な登下校を脅かす受動喫煙

    にしゃんた

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。