記事

安倍総理の「辟易作戦」

 大方の人はモリカケに関する安倍総理の国会答弁を聞いていると辟易してくるでしょう。

平気でごまかし答弁を繰り返し、隣の麻生大臣とにやにやと笑いあっている姿、まさに質問者の後ろにいる国民を馬鹿にしているとしか思えません。

 なぜ平気でこうしたごまかし答弁を繰り返すのかを考えると、これは安倍総理の「辟易作戦」ではないかと思えてきました。

つまりテレビ中継を見ている人が安倍総理の答弁に「辟易」してスイッチを切る。そうさせるための高度で悪質な作戦なのではないでしょうか。

 一期目の時の安倍総理はもう少しまともな答弁をしていました。その分、野党の質問に押し込まれて、安倍総理にとって不本意な答弁をせざる得なくなる場面も多くありました。

総理に再登場してからは野党議員の質問に対しまともな答弁をしなくなりました。「そんな質問をしているから野党は支持率が上がらないのだ」といった質問とは関係のない逆襲で時間を稼ぎ、居直り続け、そして今のモリカケ答弁になっています。

 私が、初めて予算委員会で質問した自民党総理は竹下総理でした。地価の高騰についての議論をし、その後土地基本法などについていろいろと相談するようになりました。

与野党に分かれていましたが、大変勉強になりました。残念ながら今の安倍総理に質問する若手議員にとって、安倍総理から学ぶのは答弁のごまかし方だけではないでしょうか。

 安倍総理の「辟易作戦」にごまかされないで、安倍忖度政治の真実に迫っていきましょう。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  3. 3

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    不妊の原因 約48%は男性側に異常

    幻冬舎plus

  6. 6

    宗男氏「石破氏発言は筋通らぬ」

    鈴木宗男

  7. 7

    子供を大学に入れるヤクザが増加

    NEWSポストセブン

  8. 8

    メディアは国民の敵? 米国で賛否

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    対人の信頼度 韓国が大幅に下落

    NewSphere

  10. 10

    クイズ不正解で有給認めず物議に

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。