記事

中国ファーウェイのスマホはなぜ日本で人気となったのか


【SIMフリー市場ではトップシェアに躍り出たファーウェイ】

 スマホの世界は、ひと頃まではiPhoneを擁する米国のアップル社とアンドロイド陣営の韓国のサムスン社という対立軸だった。世界のスマホ販売台数シェアで言っても1位サムスン、2位アップルだが、現在、そのアップルを僅差の3位で追うのが中国のファーウェイだ。

 サムスンやアップルのスマホは、日本ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリアとの結びつきが強いが、海外ではキャリアとの契約に縛られない、SIMフリースマホの利用者が日本に比べて多い。iPhoneのシェアが圧倒的な日本は、世界から見れば特殊なお国柄だともいえ、キャリアとの契約ではないSIMフリーのiPhoneを使っている人は、まだ少数派だろう。

 それでも近年、月額料金がキャリアとの契約よりも抑えられるため、SIMフリー端末の利用者は増えてきているが、全体の契約者数から見れば10%弱というボリュームだ。この内訳を見ると、ファーウェイが躍進している。

 たとえば2016年度のSIMフリー市場のシェアは、1位が台湾のエイスースで29.4%、ファーウェイは16.1%だった。ところが2017年度の上期にはファーウェイが26.1%、エイスースが22.7%と逆転し、2017年度通期ではファーウェイは31.5%(いずれの指標もMM総研調べによる)まで伸ばしている。

 実際、直近の価格比較サイトのスマホ人気ランキングを見ると、お手頃価格のファーウェイ「P10lite」が上位を堅持し、20位までにファーウェイの端末は6機種もランクイン(エイスースは3機種)していた。ファーウェイとエイスースの勢いの差は、最近両社が日本に投入した新製品にも表れている。

 エイスースの「Zenfone5」シリーズ3機種が従来通りSIMフリー端末なのに比べ、ファーウェイの「P20」シリーズは、「P20lite」がau向け、「P20Pro」がNTTドコモ向けで、何とSIMフリー端末は投入されなかったのだ。SIMフリー端末のユーザーからは「ガッカリした」という声も聞かれるが、メーカーのファーウェイからすれば、キャリアに採用されたことで、iPhoneやサムスンの「ギャラクシー」と同じ扱いに“格上げ”されたという思いだろう。

 では、ファーウェイ端末はなぜ存在感を高めることができたのか。

 SIMフリー市場が盛り上がりを見せたのは2014年春ごろからだったが、勃興期のとにかく端末の安さを全面に出した時期と違い、現在は高価格帯ゾーンだとSIMフリー端末でも8万円台から9万円台の商品もある。もちろん低価格ゾーンではいまでも1万円台から2万円台のものもあるが、もはや格安スマホとは括れないほど価格帯が幅広い。

 エイスースもファーウェイも、日本市場参入からしばらくは安さを武器にした端末を投入し、話題性と顧客集めにまず力点を置いていた。

 そこからの展開で、エイスースが1機種の派生商品を矢継ぎ早に出したのに対し、ファーウェイはボリュームゾーンの3万円台のラインナップを豊富に揃える一方、フラッグシップ的な位置づけの高価格帯の品揃えも同時に増やしていった。売れ筋である中価格帯の商品で販売数を積み上げ、高価格帯端末でブランド力も上げていくという両面作戦だった。しかも、その商品投入量はエイスースを凌駕していた。

 もうひとつが価格政策だ。エイスースの端末も利用者から見てコストパフォーマンスに優れてはいたが、ある時期から戦略転換したのか、同じ端末なのに海外での値付けに比べて日本での売り出し価格が明らかに高くなった。

 一方のファーウェイは逆に、海外での値付けよりも日本での価格を安くする作戦に出ている。好き嫌いの個人差はあるが、消費者がどちらの端末を選ぶようになるかは、少なくても価格面では明らかだった。

 昨年12月からファーウェイが売り出した「Mate10Pro」は、投入当初の価格が9万円前後というプライスながら、日本でも大きな話題になった。理由は、同端末が世界初のAIチップ搭載機だったからだ。

 たとえば写真を撮る際、被写体が人なのか動物なのか、あるいは花なのか建物なのかといった認識を、スマホに内蔵されたAIチップが瞬時に判断してくれ、その被写体に合ったベストなピント合わせなどを自動でしてくれる。ここまでのフラッグシップ機はともかく、ファーウェイの端末はハード面でも、総じて評価が高くなっている。

 スマホだけではなく、タブレットの分野でもファーウェイは日本においてiPadに次ぐ販売ボリュームを持ち、アンドロイドのタブレットに限ればもちろん1位だ。最近も8.4インチと10.8インチの2つのタブレットを投入し、これまた価格比較サイトのタブレットの人気ランキングで、iPadに交じって上位にランクインした。

 最近のスマホは技術の進化が速く、すでにAIを搭載した商品は一般化しつつあり、画面も大型化、かつ極限まで狭額縁化され、画質やカメラ、バッテリーもちなども年々改良されているとあって、すでに行き着くところまできた感もある。早ければ年内にも、今度は“折り畳みスマホ”が登場するという噂もあり、当初はサムスンが出すのではという観測が多かったものの、一番乗りは、これまたファーウェイではないかという見方が出ているようだ。

 この折り畳みスマホ、単に2つ折りなのか、はたまた四角いハンカチを開いていくようなものになるのか、まだまったく不明だが、着信やメール受信の通知を確認したり通話したりする際、スマホが折りたたまれた状態でコンパクトであればありがたい。一方で、情報検索や長めの文字入力の際は、折りたたみ状態から開いてタブレット並みの広い画面が利用できる可能性を考えると、かなり合理性があるともいえる。

 いずれにせよ、ファーウェイがキャリア向け端末を出したことから今後、「従来のようなSIMフリー機の投入数は減ってしまうのでは」と考えるユーザーがいるのも事実で、ファーウェイがキャリアとSIMフリーの二刀流ビジネスのバランスを、今後どう考えていくのかは注目点だ。ここへきて、以前よりファーウェイの端末価格がジワリと上がり始めているのも気になるところだ。

 また、最近の動向で言えば、ファーウェイ、あるいはZTEなどの中国勢のスマホメーカーが目下、ハッキングやスパイ疑惑、あるいはイランなどへの輸出規制違反などで米国政府に睨まれ、捜査や制裁という状況にある点は、日本のユーザーにとっても不安材料かもしれない。

●文/河野圭祐(ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「ファーウェイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  4. 4

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  5. 5

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  6. 6

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  7. 7

    W杯 日本代表がコロンビアに勝利

    MAG2 NEWS

  8. 8

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  9. 9

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  10. 10

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。