記事

ひきこもり就労支援をビジネスとして成立させる難しさ

1/2

「ひきこもりながら働こう|NHK NEWS WEB」 の記事を読んだとき、私は舞い上がってしまいました。

私は以前から「例えば、Webサイト・システム制作などの仕事を受注して、精神疾患を抱えた人やひきこもりの人などで作業を分け合う仕組みができたらいいのに」と思っており、記事中の「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」(略称めちゃこま)はまさに私の理想モデルを体現した会社だったからです。

「もうもう、今すぐここに職務経歴書を送らなきゃ! あwせdrftgyふじこlpあばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば(めちゃこまのサイトを開く)ばばばばばばばばばば………………………………はにゃ?」

しかし、「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」のサイトを読むと少しひっかかるところがあり、「ひきこもり就労支援」を利益が出る「ビジネス」として成立させるのはやはり難しいのだなと感じました。

この記事は、「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」「フロンティアリンク株式会社」を批判する趣旨ではなく、「ひきこもり就労支援」のあり方について皆さんの意見を聞きたくて書いたものであることを、最初にお断りしておきます。

「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」とは

「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」(以下めちゃこま)は、下記のような会社です。

・2017年12月に設立された、株式会社では日本初の「ひきこもり当事者・元当事者主体」の事業体
・「1日速習」講座などのビジネス研修を手がける「フロンティアリンク株式会社」の社長(佐藤啓氏)が、社長を兼任
・佐藤氏は、ひきこもり当事者・元当事者ではない
・めちゃこまの社員10人は、皆ひきこもり当事者・元当事者

冒頭記事にある、

その日の体調をチャットサービスで会社に知らせ、自宅のパソコンでリモートワークできる

という働き方が、めちゃこま社員10人においては完全に適用されているだろうことについては絶賛します。

ひきこもりが「めちゃこま」で働きたかったら、どうすればよい?

ただし気になるのは、ひきこもりの人が冒頭記事などを読んで「この会社で働きたい」と思ったときにどうなるのか、ということです。

質問:「めちゃコマ」で働きたいという、ひきこもり当事者がおられたら、応募すれば働けるような仕組みがあるのでしょうか。

佐藤:何段階かの働く仕組みを用意しており、「サポーター会員、ボランティア、業務委託、アルバイト、正社員」の5つのステップで考えています。

一番ハードルが低いのが「サポーター会員」ですね。会員には、ご希望に応じて名刺をお渡しいたしますので、色々な活動を行えます。

その後はボランティア的に一緒に入っていただく形ですね。私たちは、ボランティアはすごく大事だと思っていまして、ひきこもり当事者の方が、いきなり正社員で週40時間働くのは、なかなか難しいという要望がございます。

自分が働けるかどうか、我々のメンバーとの相性が合うかどうかを、責任があまり高くない状態で入っていただいて、お互いの相性などを見極めていただいて、希望があれば、業務委託で仕事をお渡しします。

そして、やって行けそうというお話になりましたら、アルバイトとして、時給制でお支払いします。そこで実績を積んでいただいたら、正社員採用ですね。

これは個人個人で、どこで止まっていただいても良いと思います。正社員は厳しいからアルバイトとか、単発の仕事で、業務委託で月1回という形もあるでしょうし、お金をいただくことに抵抗感を感じる方もおられたら、そこはボランティアと、柔軟に対応ができます。

そして仕事の割り振りに関しては、社員で調整します。一人一人が100%働けなくても、何人かで集まって100%にしようよという発想で行きたいと思います。

「一人一人が100%働けなくても、何人かで100%にする」より引用)

現在、めちゃこまの社員は10人で、無限に増やせるわけではありません。

そもそも、めちゃこまは何の事業で利益を得ているのでしょうか。

「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」の事業内容

めちゃこまの事業内容は、下記になります。

・ひきこもり当事者等に対する教育事業(プログラマスタースクール運営)
・ホームページ・スマートフォンアプリ等の開発・制作事業
・ITエンジニア等の人材紹介・人材派遣事業

会社概要より)

教育事業の方が、制作事業より上にありますね(利益順ではないと思いますが)。

私が冒頭記事を読んだときに思い描いたのは、既に主軸の開発・制作事業がドンとあって、その業務を社員たちに配分することで給料を払うビジネスモデルだったので、どうも想像とは違うのかもしれません。

では、「ひきこもり当事者等に対する教育事業」とはどんな事業なのでしょうか?

めちゃこまのサイトを見る限り、主軸は『在宅でキャリアアップが可能な、仕事保証付きホームページ作成講座「ひきこもりサポート特別コース」』のようです。

「詳細はこちら」をクリックすると、なぜかフロンティアリンク株式会社のサイトに飛びます。

フロンティアリンク株式会社「ひきこもりサポート特別コース」とは

「ひきこもりサポート特別コース」とは、Webエンジニアを目指して自宅で学べるマンツーマンプログラミング講座です。

4つの特色

・専属のプロ講師が、質問や相談などを「音声+映像+実習画面共有」でサポート。元ひきこもりの講師も在籍し、ひきこもり経験者の視点でもアドバイス可能。
・自宅で好きな時間に自分のペースで受講可能。2~3日に1回、講師とマンツーマンで進捗確認。
・KHJ全国ひきこもり家族会連合会の有資格者による、本人+家族「まるごろ安心サポート」(無料相談は月1回・30分まで。追加相談は本人1,500円/回、家族2,000円/回)
・在宅で参加できる有償インターンで就業機会をサポート

では、このコースを受講するのには、いくらかかるのでしょうか?

「仕事保証コース」と「一歩応援コース」の2コース(違いはインターン保証の有無)がありますが、ここでは「仕事保証コース」を取り上げます。

「ひきこもりサポート特別コース|仕事保証コース」の受講料

「仕事保証コース」の入会金は324,000円(税込)、受講料は月額108,000円(税込)です。

サイトに掲載されている受講料モデルを引用します。

「ひきこもりサポート特別コース|仕事保証コース」の受講料モデル

入会金:30万
3ケ月の受講料:30万
6ケ月のインターンシップ:60万
計:120万
かつ、有償インターンシップの期間中は、毎月最大7万円が返ってきます。
実質計:78万円

税込金額だと、324,000円+324,000円+648,000円=1,296,000円になります。

「有償インターンシップなのにお金がかかるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

私も同じことを思ったのですが、どうも、インターシップ期間中も月額の受講料を払う仕組みになっているようです。

インターシップは、時給1,000円、月50時間までで、

・資格試験「HTML Professional level 1」に合格すると時給1,200円
・level 2に合格すると時給1,400円

になるようです。

つまり、「有償インターンシップの期間中は、毎月最大7万円が返ってきます」というのは、HTML Professional level 2に合格して、最大の50時間働いたとき(1,400円×50時間=7万円)の計算となります。

月額108,000円払って、給料として最高7万円をもらう、1ヶ月あたりマイナス3万円(その他税金など)の計算となり、働くほど赤字になります。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。