記事

大谷翔平が語っていた衝撃の言葉「ピッチングのセンスがない」

大谷翔平が語っていた衝撃の言葉「ピッチングのセンスがない」

ーー全米に “二刀流フィーバー” を巻き起こしている大谷。そんな彼を15歳のころから見つづけたライターの佐々木亨氏が、スーパースターへ駆け上がった怪物のすべてを「本人の言葉」とともに語った。

■「知らないことをやるときはワクワクします」

 大谷は知らない世界に挑むことがモチベーションであり、気持ちが揺さぶられる。メジャー挑戦のときも、残留よりも「好奇心が上回った」と話していました。

 2年待てば大型契約の可能性があったわけですが、「そこは関係ない。いま行きたいんです」と。

 これは母親の加代子さんから伺った話ですが、中学で修学旅行に行った際にお小遣いを渡したんですが、そのお金でお土産を買ってきてくれた。

 でもそれ以外は使わず、余ったお金は加代子さんに返金したんです。この話からもわかるように、お金じゃないんです。上の世界でやりたいという、自分の気持ちに素直なだけなんです。

■「ピッチングに関してはセンスがないと思っている」

 彼には驚かされることが多々ありますが、さすがにこの言葉は衝撃的でした。たしかに日ハム時代の中垣征一郎トレーナーも「投球の際、右足軸での体重移動がそんなに上手ではない」と話していましたが……。

 自分でも完璧ではないと考えているのでしょう。逆にいえば、もっとできるという可能性を感じている。完璧ではないからこそ、今はセットポジションですが、いずれはワインドアップにしたいようです。そうなったとき、どれだけの球が投げられるのかという楽しみはありますね。

■「メジャーには正解を探しに行く」

 私見なんですが、大谷自身の中にまだまだといった部分があるんでしょう。彼は成功しても失敗しても「まず、やることに意義がある」といつも言っています。取り組む姿勢です。常に正解を求めて挑戦している。

 もうひとつの口癖が「てっぺんを獲る!」。「周りから認められて、初めてトップなんだ」という話をよくしていて、記録ではないんでしょう。プレーを見てもらって、「すごい選手だ」と思ってもらえることがトップだという意識を持っています。

 おそらく二刀流をやっている以上、記録は難しいと思いますしね。

 そうそう、50歳ぐらいまでやりたいとも言っていました。とにかく野球が大好きで、できるだけ長くやりたいと。彼には変わらない部分と、変わっていく部分の2つが同居している。考え方はまったくブレていない。

 ただ、技術的にはすごく変化を求めている。2つの要素をうまいバランスで自分の中に秘めているのが、大谷翔平だと思います。

ささきとおる
1974年岩手県生まれ 雑誌編集者を経て独立し、スポーツライターに。おもに野球をフィールドに活動するなかで、大谷翔平選手の取材を花巻東高校時代の15歳から続けている。著書の『道ひらく、海わたる大谷翔平の素顔』(扶桑社)が発売中

(週刊FLASH 2018年5月8・15日号)

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  4. 4

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  5. 5

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  9. 9

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

  10. 10

    誰もが美人? ハーフが苦しむ偏見

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。