記事

立憲民主、ギャンブル依存対策について勉強してないのがバレバレ

立憲民主党の山内議員が以下のようなエントリを書いています。

カジノ法案とアベノミクス
http://blogos.com/article/299649/

いま国会ではカジノ法案が議論されています。日本は先進国でギャンブル依存症の割合が高い国です。厚生労働省の調査によれば、病的賭博の推定有病率は、男性で9.6%、女性で1.6%とされており、先進国平均の1.5~2.5%に比べて極めて高い水準です。


なんか、立憲民主党がギャンブル依存対策について勉強してないのが如実にわかるエントリですね。
山内議員が引用している「病的賭博の推定有病率は、男性で9.6%、女性で1.6%とされており」という数字は、2013年に国立久里浜医療センターによって行なわれた疫学調査の結果でありますが、この発表直後から関連する学会の中ではこの数字の信憑性を巡って大きな疑義が示され、その疑義を受けて田村厚生労働大臣(当時)からその内容に関して「分析が不十分である」との会見まで開かれた数字であります。

その後、2017年に先になされた調査の追調査が行なわれるわけですが、当該調査において「男性6.7%、女性0.6%」と、その数値に関して事実上の撤回が行なわれています。

諸外国の数値との比較に関しても「各国ごとに調査手法が異なるため、単純比較はできない」とされており、このことは本日衆院で可決されたギャンブル等依存症対策基本法案の審議の中でも繰り返し上記調査にあたった久里浜医療センターのセンター長から説明が行なわれているものであります。

訂正をされる前の古い調査を用い、国会審議の中で何度も否定された「国際的な数値との単純比較」を用いて政策批判を展開するとか、立憲民主党の議員さんはギャンブル依存対策についてマジメに勉強をしていないことが丸判りのエントリであると言えます。非常に残念ですね。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  6. 6

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  7. 7

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  8. 8

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  9. 9

    DA PUMPのISSA 極秘結婚していた

    NEWSポストセブン

  10. 10

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。