記事

HPVワクチン副作用論文撤回 特異体質の人にしか出ない副作用の証明は、その人が特異体質であることを証明しなきゃ 科学的にはもう相手にしないほうがいい

1/2
しつこくてすいません。またHPVワクチンに関する話です。

論文責任者の医師たちが今回の論文の撤回について記者会見を行いました。バズフィード記事です。(HPVワクチン薬害主張の論文撤回に反論 筆者らが会見「実験手法に問題はない」 研究者から批判されている点について、明確な説明はなかった。
>論文に対しては主に2つの疑義が示されていた。
>1 HPVワクチンが脳内に入って視床下部に与える影響を調べるのに、他の毒素も入れたらその影響を排除できない
>2 HPVワクチンの成分が問題ではなく、濃度が濃過ぎるから異常が起きた可能性を否定できない
アジュバント含め、本来投与すべき量でないワクチンを百日咳毒素と一緒に無理やり入れて、ほらワクチンは毒でしたと言われても。まして一番の根本である実験の前提、HANSはMSやSLE脳症の様な実験的自己免疫性脳脊髄炎だと検査含めて病態が証明されています?患者の検査では細かいサイトカインの変動はあっても特に髄液細胞数などの大きな異常はないですよね。

それに対する答えが科学者として素晴らしい(棒)
>HANSの頻度は1000人に一人ぐらいの稀な病態であり、通常のHPVワクチン投与量では1万匹のマウスに投与しても何も起きないだろう。動物実験なので、まず病変が起こりやすい条件を作ることが必要だった

>「免疫感受性の高いマウスを使い、かつ百日咳毒素で脳に薬液が入りやすいように脳血液関門を緩めた状態で、臨床の54倍の投与量を用いて、反応が増幅された状態で観察した」
実験モデルを作るのは納得しますけど、太字含めてあなたたちがしっかりわかっているじゃない。常用量なら1万匹に投与しても異常がでないワクチンなのに、遺伝的に炎症を起こしやすいマウスに54倍の量のワクチンを投与してほら副作用ですという手法をどのまとまな臨床医が納得するのですか?
>その特殊な条件を積み重ねて観察したマウスの状態が、なぜ通常量しか接種しない人間の女性の症状と重ねられるのかという根本的な問いに対しては、「動物実験の限界」と述べる
「動物実験の限界」ではなく実験モデルの破綻です。そうこのモデルではHANSを証明できないということ。このモデルが証明できるのは、ワクチンを多量に投与することで起きる毒性の特殊マウスの病態の証明にしか過ぎません。

あわせて読みたい

「子宮頸がんワクチン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  9. 9

    橋下氏 トランプ氏の交渉は神業

    PRESIDENT Online

  10. 10

    在京テレビは被災経験局を見習え

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。