記事

重要なのは核、拉致問題の前進=米朝会談中止で小野寺防衛相

[東京 25日 ロイター] - 小野寺五典防衛相は25日午前の閣議後会見で、米トランプ政権が北朝鮮との首脳会談の中止を決めたことについて、「重要なことは会談の開催自体ではなく、核・ミサイル、拉致問題が前進する機会となることだ」と述べ、理解を示した。

さらに同防衛相は、「北朝鮮によるすべての大量破壊兵器、あらゆる弾道ミサイルの、完全な、検証可能な、かつ不可逆的な方法で、廃棄に向けた具体的な行動を引き出していく」とした上で、米国、韓国と連携していく方針を改めて強調した。

また、会談の中止で朝鮮半島情勢が再び緊迫化する可能性もあることから、小野寺防衛相は自衛隊による警戒・監視を継続する考えを示した。

(久保信博※)

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  2. 2

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  3. 3

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  4. 4

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  5. 5

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  6. 6

    本田翼ゲーム実況で業界に変化か

    女性自身

  7. 7

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  8. 8

    中国が米国との通商協議とりやめ

    ロイター

  9. 9

    ダウンタウン 君臨し続ける秘訣

    NEWSポストセブン

  10. 10

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。