記事

安倍語録が危険な理由は役人に二重三重の嘘を重ねさせる点


【記憶の操作は自由自在?の柳瀬氏(時事通信フォト)】

 森友・加計問題は収束の気配を見せず、自信を持っていた外交でも“蚊帳の外”──安倍晋三首相が隘路に嵌まり込んだ原因を辿っていくと、首相自身の「言葉」に行き着く。訂正すれば政権が吹っ飛ぶようなことを簡単に言い切ってしまう。総理大臣の言葉の「耐えられない軽さ」によって、失われた国益は、あまりに大きい。

 例えば、森友問題をめぐる有名な次の言葉には、自分の行為の正当性を強調する副詞が何重にも重ねられている。

「私も妻も『一切』、この認可にも国有地払い下げにも関係ないわけでありまして、私や妻が関係していたということになればこれは『まさに』私は『間違いなく』総理大臣も国会議員も辞めるということは『はっきりと』申し上げておきたい」(2017年2月17日、衆院予算委員会)

『一切』『まさに』などを省けば明瞭な日本語になっているのだが、この強調が大きな二次被害をもたらした。佐川宣寿・前国税庁長官は国有地売却の「交渉記録は破棄した」とウソをつき、近畿財務局の役人たちは「首相夫人」の関与が記述された公文書改竄にまで手を染めた。

「総理大臣が発した言葉」につじつまを合わせるために、公文書という「国家の歴史」が書き換えられたといっても大袈裟ではない。「腹心の友」と呼ぶ加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園への獣医学部認可問題でも、同じことを繰り返した。

「(学園理事長が)私の友人だから認めてくれ、などという訳のわからない意向がまかり通る余地など『まったく』ありません。審議に携わった民間議員のみなさんもプロセスに『一点の曇りもない』と『断言』されています」(2017年6月24日、神戸「正論」懇話会)

「一点の曇りもない」とは、八田達夫・国家戦略特区WG座長の発言だが、それが“総意”だとしても“みなさんが断言”まで表現を強めるのは、不安の裏返しなのだろうか。加計氏についてはこうも語っている。

「彼が私の地位や立場を利用して、なにかを成し遂げようとしたことは『ただの一度も』ない。獣医学部新設について働きかけや依頼は『全く』なかったことをまず『明確に』申し上げたい」(2017年7月24日、衆院予算委員会)

 首相の言葉は、いつも100%正しいか、ゼロかで解釈の余地がない。この発言を撤回するとなれば、「間違いなく」総理大臣も国会議員も辞めなければならなくなる。

 撤回できないから、首相や加計氏とゴルフやバーベキューを楽しんだ柳瀬唯夫・元首相秘書官は、首相発言直後の国会で「記憶にない」を7回も繰り返し、その後も1年近くにわたって加計学園側との面会の“記憶”を失ったふりをしなければならなかった。

 行政を巻き込んで役人に二重三重のウソを重ねさせることこそ、安倍語録の最も危険な部分といっていい。

※週刊ポスト2018年6月1日号

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。