記事

お茶の間の皆さんは、さぞかし白けておられるだろうな

私は、愛媛県が国会に提出したという文書の信用性には何らの疑いも持っていない。

そもそも愛媛県に内容虚偽の文書を提出しなければならない理由や必要性があるとはとても思えないから、ネットの一部で、この文書はフェイク文書だ、改竄されている、などと騒ぎ立てておられるのを見て少々ウンザリしている。
文書の体裁や記載内容からして、愛媛県が国会に提出した文書は十分に信用に足るものである。

この新たに開示された愛媛県の文書を前提にすると、安倍総理のこれまでの国会答弁は大事なところで間違っているようだ。

江田憲司氏などは、もう詰んでいますよ、と再三指摘されているが、私にもそう見える。

ふーん、安倍総理はこの愛媛県文書を目にしてどう答えられるのだろうな、などと心配していたのだが、安倍総理は愛媛県文書の記載内容を否定することに決められたようだ。

愛媛県文書に記載された日に加計学園の加計幸太郎氏と面談したこともなければ、それ以外の日に加計幸太郎氏と会食をした事実もない、と断言された。

私は、人の記憶はかなりいい加減で、記憶だけに頼ってあれこれ物は言わない方がいい、と思っているので、愛媛県文書のような物が出てくれば、そう言えばそういうこともあったかも知れないな、と妥協してしまうが、安倍総理はご自分の記憶には絶対の自信がおありのようだ。

本当のことは加計学園の加計幸太郎氏と安倍総理しか知らないのだろうから、ご本人がここまで断言されると、部外者の私たちは、本当にそうなのかしら、何か変だなあと思いながら、取り敢えずは引っ込まざるを得ないのだが、しかしいつまでも釈然としない思いを引き摺ってしまうことは間違いない。

何だか、黒を白と言いくるめられているような気がしてしまう。
自民党の二階幹事長などは、立場上総理の言われることを信じます、と言わざるを得ないのだろうが、お茶の間の皆さんが二階幹事長と同じような受け止め方をされるかは甚だ疑問である。

多分、お茶の間の皆さんは、白けている。

白を切るのはいい加減にされては、と思っているかはともかく、一連のモリカケ問題について大方のお茶の間の皆さんは、白けているはずである。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。