記事
  • 階猛

「成年」なのに「成人」ではない-18歳成年の矛盾

 衆院法務委員会では、成年年齢を18歳に引き下げる民法改正案の審議が行われています。この法案について、多くのマスコミは「成人」年齢の引下げと報じていますが、正しくは「成年」年齢です。私もつい最近まで、「成人」と「成年」を同じ意味で使っていました。

 16日の質疑でこのことを法務大臣に確認したところ、「成年と成人がイコールかは、一概に言えない」との答弁。そこで、「(成年年齢が18歳になっても、)成人式は従来通り20歳で行って問題ないか」と尋ねると、「地方自治体の判断であり、20歳の者を対象として成人式を行うことは否定されない」との答えでした。

 成人式の対象者が18歳の市町村と20歳の市町村に分かれてしまうと、若者が混乱しそうです。やはり成人式の年齢は、20歳のままでいいのではないでしょうか。というのも、成人式が通常行われる成人の日の時期は、多くの18歳にとって高校卒業直前です。進学や就職、それに伴う転居などを控えて成人式どころではありません。

 また、今回の法案では、「成年」年齢が18歳になっても、酒やタバコ、公営ギャンブルの年齢は20歳に据え置いています。法律上、成人の日は、「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます日」とされていますが、お酒抜きで成人を祝うのは違和感があります。18歳よりも20歳の方がこの定義に当てはまる感じがします。

 では、そんな問題を抱えてまで、「成年」年齢を18歳にするメリットは一体何なのでしょう?政府は、①既に18歳に引き下げられた選挙権年齢と一致させる、②18歳を一人前の大人と扱うことで社会のさまざまな分野で積極的な役割を果たしてもらえる、とします。どちらも若者の側より権力の側のメリットに思えます。

 しかも、①については、「成年」年齢と選挙権年齢は一致させなくてもよい、というのが法務委員会での有識者の方々の見解でした。また、②については、今回の上川大臣の答弁で、政府自身が18歳の「成年」を必ずしも一人前の大人=「成人」と扱っていないことがはっきりしました。にもかかわらず、「成年」になると親の同意なく自分自身で契約ができるようになり、悪徳商法などで損害を被るリスクが各段に高まります。

 政府は、契約に必要な判断力を18歳までに養うための消費者教育の効果が上がっているとしていましたが、私がその根拠を聞くと答えに窮しました。そもそも複雑な契約のリスクを見抜く判断力があるなら、酒やタバコなどのリスクも当然見抜けるはずで、こちらを20歳に据え置く理由がなくなります。今回の法案は矛盾だらけであり、このままでは賛成できません。

あわせて読みたい

「成人年齢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ジョイフルのありえない分煙状況

    Hayato Ikeda

  5. 5

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  6. 6

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  7. 7

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  8. 8

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  9. 9

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  10. 10

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。