記事

アングル:北海ブレントが3年半ぶり80ドル台、今後の見通しは

[ロンドン 17日 ロイター] - 17日の原油先物市場で北海ブレント<LCOc1>が2014年11月以来初めて1バレル=80ドル台に乗せた。膨大な量に膨れ上がっていた原油在庫が一掃され、投資家は過去4年間で最も強気になっており、市場では100ドル超えを予想する声も出始めた。

原油は米国の対イラン制裁再開でイランの輸出が大きく落ち込む恐れがあるのに加えて、ベネズエラやメキシコ、アンゴラなどの大手産油国が自主的に生産を減らし、価格が持ち直した。

サウジアラビアが主導する石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどOPEC非加盟の産油国は昨年1月以来、日量180万バレルの減産を続けている。

地政学的懸念の高まりや需給は引き締まるとの見方を背景に、原油価格は2016年1月に付けた27ドルの13年ぶり安値から50ドル上昇。上昇率はこの1年に限っても50%に達した。

先物市場は期先の方が価格が高いプレミアムの状態となっており、投資家やトレーダーが当面供給が需要に追い付かないとみていることが分かる。

サウジは国営石油大手アラムコの新規株式公開(IPO)計画を進めており、原油価格は80ドルどころか100ドルでも良いと表明している。

もっとも、OPECなど産油国は自ら進める価格引き上げ策によって最終的にとばっちりを受けるかもしれない。国際エネルギー機関(IEA)は16日、原油の値上がりの大きさを考えると世界の需要の伸びが鈍化するのは間違いないと警告した。

一方、年初からのドル高で主要な原油輸入国は購買力が落ちている。インドやインドネシアなど多くの国が国内で燃料向け補助金の大盤振る舞いを中止したためだ。

OPECは非加盟国、具体的には米国の供給増という問題も抱えている。米国は今年末には生産量が日量1100万バレルに達し、世界最大の産油国になる見通しだ。

OPECの減産は米国のシェール油生産の増加で効果がそがれており、価格上昇による需要減退も重なることから、IEAやOPEC、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)はいずれも警戒感を強めている。

北海ブレントの80ドル台乗せは短命で終わるかもしれない。

(Amanda Cooper記者)

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  4. 4

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  5. 5

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  7. 7

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

  9. 9

    Chromeで迷惑ソフト発見する方法

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    ソシャゲで借金 主婦が風俗勤め

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。