記事

「佐川前長官不起訴へ」という読売スクープに国民は激怒せよ

驚いた。
 きょう5月18日の読売新聞が一面で大きく報じた。

大阪地検特捜部は佐川前国税庁長官を不起訴処分にする方針を固めたと。

佐川氏本人や財務省職員から事情聴取し、また関連文書の中身を検討した結果、書き換えや虚偽の記載はなく、起訴は困難と判断したと。

国に損害を与える意図も立証できなかったと。

よくも大阪地検特捜部はこんな判断が下せたものだ。

これまでにも大阪地検特捜部が不起訴処分にするだろうという推測記事はあったが、ここまで断定的に書いた記事ははじめてだ。

やはりそうだったのか。

ここまで佐川氏がウソ答弁をしていた事が明らかになったというのに。
これまでの国会追及や数々の証言は一体何だったのか。

野党も世論も激怒しなければいけない。 そう思って他紙を読み比べようとしたら、更に驚いた。

読売以外のどの新聞も報じていない。

ということは、これは読売新聞のスクープであり、しかも政府筋が読売新聞だけに書かせた観測気球(バロンデッセ)なのだ。

この記事を見て野党や世論が激しく反発しなければ、佐川不起訴で森友疑惑を終わらせようというわけだ。

ならば野党や世論は激怒しなくてはいけない。
政府も司法も世論の反発にはめっぽう弱いからだ。

佐川を不起訴処分にしたらダダではおかないぞ。
国民を舐めたら大阪地検特捜部など存続できないぞ。

こんな記事を書くような読売新聞をボイコットせよ。 そう激怒して大騒ぎするのだ。

大阪地検特捜部も読売新聞も、それを命じた安倍政権も震え上がるだろう。

権力者が皆、国民を恐れるような世の中にならなければいけない(了)

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  6. 6

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  9. 9

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  10. 10

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。