記事

金正恩氏の「美人ウェイトレス」は誘拐されたのか

[画像をブログで見る]

韓国のソウル中央地検は15日、朴槿恵政権時代に国家情報院(国情院)が中国の北朝鮮レストランで働く女性従業員らを強制的に集団脱北させた疑いがあるとして、公安2部が捜査に乗り出したことを発表した。

核開発を巡り国際社会の経済制裁が強められるまで、北朝鮮の外貨稼ぎの柱のひとつだった北朝鮮レストランは、ときにアイドル並みの容姿を誇る美人ウェイトレスも配置され、韓国人の間でも人気だった。それだけに、集団脱北が発生した際には世間の大きな関心を集めた。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

この出来事を巡っては、北朝鮮が直後から韓国当局による「誘拐拉致」であると主張。さらに韓国国内においても、革新系の弁護士団体「民主社会のための弁護士の会」(民弁)などが、国情院による「企画脱北」ではないかと疑惑を提起していた。

女性従業員らは2016年4月、中国浙江省寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」から集団で離脱し、間もなく韓国入りした。韓国政府はこの事実を即座に発表したが、総選挙を数日後に控えたタイミングだったことから、「脱北は(選挙に影響を与えるために)企画されたもの」との疑いを呼んだのだ。

韓国政府は一貫して、従業員らは自らの意思で脱北したと説明してきた。ところが韓国の放送局であるJTBCは今月10日、女性従業員らと一緒に脱北したレストランの男性支配人、ホ・ガンイル氏のインタビューを放映。ホ氏はその中で、国情院の担当者から従業員を連れて脱出するよう教唆を受け、従業員たちを脅して連れ出したと告白した。

これが事実か否かは、検察の捜査によっていずれ明らかになるだろう。

問題はその後だ。韓国政府はこれまで、たとえ本人が希望しても、脱北者が本国へ帰ることを許さなかった。これには、人道的な見地から問題がないわけではない。しかし、「韓国に来てみたけど、期待はずれなのでやっぱり帰る」ということを許容してしまうと、北朝鮮の工作員は脱北者に偽装し、容易に韓国社会に浸透できるようになる。

そうでなくとも、北朝鮮は脱北者に対する様々な工作活動を繰り広げてきた。故郷の家族を人質に取られている脱北者は、北朝鮮当局の工作に対しぜい弱なのだ。

(参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的

北朝鮮当局は昨年6月、韓国が集団脱北した女性従業員らを送還しなければ、南北離散家族の再会事業に応じない方針を示した。最近の南北対話の流れの中でも、これがハッキリ撤回されたわけではない。

恐らく、対話維持を重視する文在寅政権の中には、「できれば彼女らを帰してしまいたい」と考える向きもいるだろうが、くれぐれも拙速な判断が下されないよう、韓国のメディアは監視を強めるべきだ。

(参考記事:20代美人ウェイトレスを直撃…「北朝鮮レストラン」の舞台裏

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  6. 6

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  9. 9

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  10. 10

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。