記事

GDPマイナス成長はアベノミクスの挫折?

昨日(5月16日)内閣府が発表した今年1~3月期のGDP速報値は年率換算で前期比0.6%減となり、この期としては7年ぶりのマイナスとなった。

今年の1,2月は降雪量が多く、消費者が外出を控えたことや、野菜やガソリン価格が高止まりし、消費者が財布の紐を緩めなかったことなどが、国内総生産が縮んだことの要因の一つとエコノミストは分析しているようだ。

従って一四半期の成長率をもってアベノミクスが挫折したと評価を下すのは、早急であると私は思う。しかしWSJはJapan's longest strech of economic growth in 28 years endsという記事の中「新しいデータ(GDPデータ)は、経済成長をエコノミックプラットフォームの成功の証拠に使ってきた安倍首相の挫折である」と述べていた。

挫折という判断が早急であるかどうかは別として、WSJが「挫折」と述べたことは、海外勢のセンチメントに影響を与えそうだ。

第2四半期以降経済が成長路線に戻る可能性は高いが、年間成長率は昨年の1.7%より低くなると予想するエコノミストが多い。

たとえばキャピタルエコノミクスのシニアアナリストは今年の成長率は1.2%と予想している。

だが加計学園問題などから重要法案の立法が見送られる可能性は高い。目玉の働き方改革が実現しないとなれば、経済プラットフォームの挫折となる。一四半期のマイナス成長で挫折と判断するのは早計だが、結果として挫折の先行指標になったと後日語られる可能性はあるだろうと私は考えている。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  3. 3

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    生保世帯へ冷房補助 条件に疑問

    メディアゴン

  7. 7

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  8. 8

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  9. 9

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  10. 10

    堀江氏 ユニクロとZOZOの間狙え

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。