記事

中国民間企業、初の宇宙ロケット打ち上げ

[北京 17日 ロイター] - 中国で17日、初の民間開発による宇宙ロケット「重慶両江之星」が北西部の発射台から打ち上げられ、周回軌道に入った。新華社が報じた。習近平国家主席は2012年の就任以来、中国を「宇宙大国」にすることを政府の最優先課題としている。

ロケットは、北京に拠点を置く2015年設立の民間企業「零壱空間」(ワンスペース・テクノロジー)が開発した。

ワンスペースのMa Chao会長によると、同社開発の固体ロケットエンジンが搭載され、制御システムは利用者の需要に合わせたカスタマイズが可能だという。

報道によると、「OS―XO」として知られるこのロケットは、高度800キロメートルの周回軌道に重量100キログラムの物体を投入することができるという。

同社の創業者であるShu Chang氏は前週、国営英字紙チャイナ・デイリーに対し、2019年に打ち上げ機のための10件のミッションを実行する予定だと説明。「小規模衛星の打ち上げ業者として世界大手の一角を成すようになりたい」と話した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「宇宙開発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  6. 6

    安倍首相 3年前に加計新設認識か

    大串博志

  7. 7

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  8. 8

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  9. 9

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。