記事

「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」

1/2

 6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。

 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。

 関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。

■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識

 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。

 今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手のクオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。

 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。

 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。

 また、日大は取材に対し「一般論として厳しくいけと言ったが、相手選手をケガさせろという指示はしていない」と回答、内田監督の「やらせている私の責任」という発言についても「チームのことは責任を持つ、という意味で言ったもので、反則行為を容認する意味で言ったものではない」としている。

■「義理、人情、礼節」を叩き込む"篠竹イズム"の後継者だった内田監督

 1940年に創部された日大アメフト部は"西の関学・東の日大"と呼ばれるほどの名門で。大学日本一を決める甲子園ボウルでの優勝は実に21回を数える。中でも17回の学生王座に輝く黄金時代を築いたのが名将・篠竹幹夫監督だった。90年代に入ってかつての輝きを失ったアメフト部の再建を託されたのが、篠竹氏のもとでコーチを務めていた内田監督だった。

 義理、人情、礼節を徹底的に叩き込んだという篠竹監督について、スポーツジャーナリストの生島淳氏は「1980年代になっても、日大アメフト部は門限が夕方だったという。それくらい厳しかった。規律がしっかりしている部だったと私は聞いている。"未熟だから反則するんだ"とも教えていたそうなので、OBたちも残念がっている。 内田監督も篠竹門下であり、大学を卒業して、大学職員、そしてコーチになった。篠竹イズムの後継者のはずだ。昨年には甲子園ボウルで関学に勝って、大学日本一になるといういい流れになっていたはずなので、"うちは弱いから"というコメントも意味不明だ」と話す。

 アメフト元日本代表で、桃山学院大学や福井県立大学で指導をしている星谷直貴氏は「相手に激しいタックルをすることを"壊せ"、と言うことはある。ただ、それはあくまでもケガをさせるという意味ではなく、正当なプレーの中でというのが条件。それの捉え方がどうだったんだろうと思った」と話す。そして内田監督については「厳しさはあると思うが、故意にケガをさせるような指導はしないと信じている。第2クオーター、第3クオーターだったら熱くなってやってしまったという可能性もあるかもしれないが、腑に落ちない」と話した。

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  3. 3

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    生保世帯へ冷房補助 条件に疑問

    メディアゴン

  7. 7

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  8. 8

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  9. 9

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  10. 10

    堀江氏 ユニクロとZOZOの間狙え

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。