記事

三社祭から"やんちゃな輩"を排除すべきか

1/2
毎年5月、200万人が訪れるという東京・浅草の「三社祭」。神輿(みこし)の担ぎ手の中心は、地元の人ではなく、全国から集まる「やんちゃ」な人たちだ。その騒乱ぶりは激しく、最終日に行われた「神輿乗り」では逮捕者が出たこともある。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、「三社祭が観光資源化したことで、神輿の担ぎ手に地元以外の人が増え、軋轢が生まれている」と指摘する――。


三社祭のハイライト「本社神輿各町渡御(ほんしゃみこしかくちょうとぎょ)」(写真=時事通信フォト)

■200万人近くを集める人気の「三社祭」

5月、東京は祭りの季節だ。祭りの到来を告げるのは、11~13日の下谷神社(台東区)。そのすぐ後の15日には神田明神(千代田区)だ。25~27日の週末には湯島天神(文京区)の大祭がある。そして、その間の18~20日に行われるのが浅草・三社祭(台東区)だ。

浅草寺と比べるとちょっと影が薄いが、三社祭を主催するのは浅草神社だ。雷門から仲見世を歩いて行くと浅草寺の伽藍(がらん)が正面にそびえるが、浅草神社はその右手の少しだけ奥まったところにある。

三社祭は最盛期には300万人近く、現在も200万人近くを集める日本最大規模の祭りだ。一方で、2000年代に入ってから、神輿の上に乗る「神輿乗り」をする人々が問題になっている。過去には逮捕者も出ており、批判は出て当然だろう。だが、より長いスパンで三社祭を見てみると、「祭りは神事なのか、興行なのか」「祭りは地元だけのものなのか」といった問題が控えていることがわかる。

■明治以前は「ちょっと大きい祭り」程度

明治期以前、浅草神社は三社権現という名であった。「三社」は、浅草寺の縁起にも関わりのある3人を指す。伝説では、檜前(ひのくま)浜成(はまなり)と竹成(たけなり)という漁師の兄弟が隅田川で漁をしていると、観音像が網にかかった。これを地元の知識人である土師真中知(はじの-まつち)に見せたところ、ありがたい聖観音像だと分かり、それを祀(まつ)ったのが浅草寺の始まりだとされる。そして真中知の死後、浜成・竹成と合わせて祀ったのが浅草神社である。

伝説では、観音像発見は推古36年(628年)とされるが、仏教伝来から間もない1400年近く前というのはさすがに古すぎる。浅草神社公式ウェブサイトにも「これは少々無理のよう」とある。だが東京大空襲後の発掘調査で、浅草寺創建は平安から奈良にさかのぼることが判明し、関東最古級の歴史を持つと推測されている。

明治期の神仏分離以前、神道と仏教は混交していたため、三社祭も当然浅草寺の祭りとして行われていた。この頃は、少し規模の大きな祭りという程度の存在だった。そして神輿を担ぐというよりも、各町内が繰り出す山車(だし)がそれぞれ豪華さを競いあっていたようだ。したがって、現在の三社祭の直接の源は明治以降と言ってよいだろう。

「江戸下町の風物詩」という三社祭イメージが本格的に形成されるのは、戦後になってからだ。1958年、「三社権現船祭」という神事が行われる。本来、三社祭は観音像を川から拾い上げたことを記念するもので、神輿は船に乗せて渡御(とぎょ)するのが江戸時代までのやり方だった。だが資金難などで中絶しており、この年、100年ぶりに行われたのだ。



「三社祭」でまつられる3人を描いたおみくじ(画像=著者提供)

三社権現船祭の復活は、三社祭という伝統を再構築しようとする動きとして理解できる。そして、その伝統的なイメージに引かれるように集まる人も増加する。1963年の壬生台瞬・大正大学教授による寄稿は、この時期の浅草の雰囲気をよく伝えている(読売新聞1963年8月24日)。

当時の浅草は「斜陽浅草」と言われてはいたが、壬生の調査によれば、実のところ来訪者数は減っていなかった。それどころか、年間3000万人もの人が訪れており、とげぬき地蔵の1000万人、明治神宮の800万人と比べても破格だ。それなのになぜ浅草は「斜陽」と語られてしまうのか、と壬生は問いかける。

そして、全国一の参拝者数を誇る浅草寺の観光寺院化に警鐘を鳴らす。浅草の中心である観音様には「目に耳に、鼻にも口にも強烈な宗教的情緒が必要」であり、「生きた信仰寺院」としての性格を取り戻さなければならず、そうすることで逆に観光寺院としての魅力も高まるとし、「地元民もよき浅草カラーを育てていくことに努力」すべきだという。

■観光客増加で交通問題が深刻化

続いて壬生は、交通問題を取り上げる。浅草への国電駅の誘致はもはや不可能だから、大規模バスターミナルを作るべきだという。さらに隅田川の水上バスを拡充し、浅草寺の地下に駐車場を新設することを提案している。寄稿は「車を制するものは事業を制し、人を制する時代になっている」と締められている。モータリゼーション時代の中で、信仰と観光の双方に目配りした的確な提言だろう。

実際、観光客の増加にともない、浅草の交通問題は深刻になっていた。1969年には三社祭の際の路上駐車問題が報じられ、浅草出身で千代田区平河町の会社社長の談話が掲載されている。この社長は家族6人で車で三社祭に出かけたが、どうしても駐車場が見つからず、隅田公園のわきに路上駐車した。だが戻ってみると駐車違反の紙が貼られており、その場でほかのドライバーとともに警官に抗議したが、ダメだった。「大々的に祭りのPRをしておきながら駐車場の用意もない。昔の下町はこうじゃなかった。人には行き届いた親切を……と心がけていたものです」という旨を語っている。

1970年代に入ると、三社祭の観客は飛躍的に増加する。1970年は20万人にすぎなかったのが、1971年は30万人、1972年には37万人と急増した。1973年には40万人を突破し、戦後初めて浅草通りが神輿に解放される。この頃から担ぎ手不足も解消された。これはほかの神社も同様で、隅田川対岸の白髭(しらひげ)神社では担ぎ手不足で中断していた神輿が1974年に復活し、下谷神社でも、1937年以来戦争や担ぎ手不足でお蔵入りしていた巨大神輿が1975年に復活した。



祭りを控え、のぼりがたなびく(画像=著者提供)

1975年の三社祭には80万人以上が押しかけ、1978年はとうとう一桁増えて190万人の人出があった。この年は観音示顕1350周年にも当たり、秋の大開帳の際には1カ月で800万人が浅草を訪れたという。隅田川花火大会や早慶レガッタも、この年に復活。1970年代中頃に、「江戸下町」「伝統の町」といった浅草イメージが一気に再構築されたのだ。

「江戸三大祭り」論争が勃発したのもこの頃だ。山車や神輿が江戸城内に入ることを許された天下祭りゆえに、神田明神と赤坂日枝神社の2つは確定している。江戸時代には、残るひとつは深川八幡とされていた。だが、1970年代になると、三社祭が三大祭りのひとつに数えられるようになる。「川向こう」という深川の不利な立地もあり、地元浅草の人によれば、商店街の活性化のために「横取り」したというのだ。

あわせて読みたい

「宗教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  6. 6

    安倍首相 3年前に加計新設認識か

    大串博志

  7. 7

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  8. 8

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  9. 9

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。