記事

女性目線ビジネスが活況!家にジムに…性風俗まで!?



 これまで男性のものと思われていたものを「女性目線」で捉え直したビジネスが話題を呼んでいる。拡大するこの「女性目線」ビジネスは、さまざまな領域に及ぶ。女性のためのマンション購入セミナーの参加者が3年で約2.6倍に増加したというデータもあるほか、必死に運動している表情を見られたくないという心理を突いた「暗闇フィットネス」も人気だという。



 それだけではない、今や性風俗産業にも、「女性目線」を意識したサービスに注目が集まっている。女性向け性風俗情報サイト『KAIKAN』は、男性による性感マッサージや、出張ホスト、レズビアン性風俗など、約100店舗の情報を掲載、アクセス数は5年で約10倍にまで成長した。ファッションサイトを参考にデザイン、派手な広告や見出しは掲載していない。

 女性の性風俗ライターによる体験記事を掲載しているのも売りの一つだ。1年前から週に2回ほど記事を執筆する性風俗ライターの樹里さんは、性感マッサージのお店に通っているという。「女性は体だけではなく心も癒されたいので、店の男性を本気で好きになっている人も多いし、ストーカーになってしまう女性も多い。だからうまく遊びましょうという記事も書いている」と話す。



 A子さん(30代・会社員)も、このようなサイトを通じて新たな快感に出会った一人だ。「女性同士だと自然にできるので、レズビアン性風俗だとさらにどんなふうになるのかな、と興味があった。癒しでもあり、刺激でもあり、"自分へのご褒美"という表現がしっくりくる」と話した。



 リアルな女子の実態を描いた漫画『アラサーちゃん』の作者、峰なゆか氏は「私のこだわりは、女性器や男性器の名称に伏せ字を入れないでくださいと主張していること。男性編集者は、女性向けの作品だから入れた方がいいと言ったけど、女子会なんかでは伏せずに話しをするし、入れることでかえって変なエロさが出てしまう。男性向けのエロ目線で作ってしまうと、女性読者がついてこない」とコメント。「女性目線」でのサービス運営やものづくりの可能性に期待を込めた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  2. 2

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  5. 5

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

  6. 6

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  7. 7

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  8. 8

    豊洲移転は逆風 卸業者が苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    武井壮が駅伝騒動への称賛に疑問

    キャリコネニュース

  10. 10

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。