記事

大谷翔平の“天敵”張本勲が本音をポロリ「二刀流いけるかも」 - 「週刊文春」編集部

 投打に規格外の活躍を見せる米エンゼルスの大谷翔平(23)。日米で絶賛の嵐が巻き起こる中、手厳しい批評に徹する希少な“天敵”がいる。「サンデーモーニング」(TBS系)で“週刊御意見番”を務める野球評論家の張本勲氏(77)である。


NPB史上最多の3085安打は金字塔 ©文藝春秋

 大谷が3試合連続本塁打を放ったときでさえ、「まぐれなのか、アメリカのピッチャーのレベルが落ちたのか。まあ両方だと思いますね」(4月8日放送)といった具合。

 超辛口コメントの真意は、どこにあるのか。張本氏本人に訊いた。

「なんで張本さんは大谷を褒めないんだって、みんな言いますけど(笑)、そりゃあんた、褒めるのは誰でもできるんですよ。私のいた日ハムの後輩だし、あれだけの逸材なんだから。彼は限りなく大変な選手になりますよ」

 一方で、張本氏はこれまで、大谷の二刀流には懐疑的な見方を維持してきたが、実はこのところ、その評価も変わりつつあるようだ。

「まだ先は長いですが、正直、打つ方はこれだけやるとは思いませんでした。左打者の大谷はいま、右足を上げずにスッと出して打つでしょ。あれは我々の時代、理想のバッティングフォームだったんですよ」

 では、今なら二刀流を認める?

「そうだねえ。今のバッティングを見ていると、私はちょっと訂正せないかんかもねえ。これは二刀流でもいけるんじゃないかと」

 張本氏が本誌だけに明かした大谷翔平への“喝”と“あっぱれ”は、5月17日(木)発売の「週刊文春」で詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部)

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  3. 3

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  4. 4

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

  5. 5

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加計問題 総理の主張では不十分

    大串博志

  7. 7

    Chromeで迷惑ソフト発見する方法

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    眞子さまの葛藤 マスコミ拒絶か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  10. 10

    なぜ下品な人が出世しやすいのか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。