記事

小保方晴子を信じる困った人たちの共通点

1/2

「STAP細胞」を発表するも、論文不正が発覚し、博士号を取り消された小保方晴子氏。2016年に手記『あの日』を出版したが、そこでは自分に都合の悪いことは一切書かれていない。それにもかかわらず、著書を高く評価する「信者」が一定数いる。そうした困った人たちにはどんな共通点があるのか、筑波大学の掛谷英紀准教授が解説する――。

※本稿は、掛谷英紀『「先見力」の授業』(かんき出版)の一部を再編集、加筆したものです。


写真=EPA/時事通信フォト

■アマゾンのレビューから「支持派」を読み解く

2018年3月、『小保方晴子日記』が中央公論社から刊行されました。小保方氏には今も根強い支持者が多くいるので、商売としてはおいしいのかもしれませんが、私の周りの研究者たちはうんざりといった反応です。

STAP細胞の論文不正を契機とした管理強化によって、われわれ研究者は研究倫理教育プログラムの受講や誓約書の提出など、今まで不要だった作業が相当増えました。もともと科学の正当な手続きを理解していて、不正をする気など全くない研究者も、全員その手間をかけなければならなくなったのです。

多くの研究者の貴重な時間を奪っているその損失は相当なものです。しかし、彼女から見ると常に自分は被害者で、自分のしたことがもたらした社会的損失については全く無自覚なようです。

小保方氏は文才には恵まれていると思います。別の道に進めば成功したのではないかと思うと、大変残念です。

2年前の2016年1月には、小保方氏は手記『あの日』(講談社)も出版しています。そこでも、「自分は悪いことは一切していない、悪いのは共同研究者の若山氏だ」という論が展開されています。自分に都合が悪いこと、たとえば博士論文の第1章がNIH(米国立衛生研究所)のウェブページのコピペだったことなどは、完全にスルーです。

しかし、アマゾンの書評は小保方支持派が圧倒的な多数になったのです。私が興味をもったのは、「いまだに小保方氏を信じている人たちが、いったいどういう人たちなのだろう」ということです。そこで、アマゾンの「カスタマーレビュー」の分析を試みることにしました。

さて、ここでクイズです。

以下は、小保方氏を支持するレビュアと彼女に批判的なレビュアの両方がよくレビューしている書籍です。このうち、評価点の平均が、小保方支持派と批判派で著しく異なるものがあります。それはどれでしょうか。また、その書籍を高く評価しているのは小保方支持派と批判派のどちらでしょうか?

A 岸見一郎、古賀史健著『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)
B 元少年A著『絶歌』(太田出版)
C 又吉直樹著『火花』(文藝春秋)
D 百田尚樹著『永遠の0』(講談社)
E 小畑峰太郎著『STAP細胞に群がった悪いヤツら』(新潮社)

■マスコミの報道に影響される人は事実を見誤る

正解発表の前に、小保方支持派と批判派の定義に触れておきます。まず、小保方晴子著『あの日』にアマゾンで星4と星5の評価をつけたレビュアを小保方支持派、星1と星2の評価をつけたレビュアを小保方批判派としました。ただ、それだけでは小保方批判派が少ないので、STAP細胞論文の不正を詳しくレポートした毎日新聞記者の須田桃子著『捏造の科学者 STAP細胞事件』(文藝春秋)に対して、アマゾンで星4と星5の評価をつけたレビュアを小保方批判派、星1と星2の評価をつけたレビュアを小保方支持派に加えました。

その結果、小保方支持派のレビュアが677人、小保方批判派のレビュアが261人集まりました。

小保方支持派と批判派のレビュアが、上の2冊以外でいずれも5人以上レビューをつけていた本がクイズで選択肢とした5つの本です。そのレビューの評価の平均値を図表に示します。

図表から分かるとおり、小保方支持派と批判派で評価がはっきり分かれているのが元少年A著の『絶歌』です。

ご存じのない方のために補足しますが、1997年に当時14歳だった少年Aは、神戸連続児童殺傷事件を引き起こしました。犯罪の猟奇性ゆえ、当時社会的に大きな関心を集めました。その元少年Aが本を出版することについては、被害者に対する配慮の欠如など大きな批判があり、アマゾンのレビューも低評価のものが多数を占めています。

レビュアの半数以上が星1つの評価をしている中で、小保方支持派の『絶歌』に対する評点の平均が3.9という点は注目に値します。小保方支持者は、反社会的行動一般にシンパシーを感じる傾向があるのかもしれません。

なお、小保方批判派と支持派のアマゾンでの全商品のレビューを収集し、それぞれのグループで使っている単語に特徴があるかどうか調べたところ、小保方支持派は「テレビ」「マスコミ」といった言葉をよく使用する傾向が見られました。

やはり、テレビを中心とした大手マスコミの報道に影響される人は、事実を見誤る傾向が強いようです。

ただし、小保方支持派のレビューは、マスコミに対して批判的なものも多くあります。つまり、単にマスコミを信じているか否かというより、マスコミの情報に常に注目して、それに振り回されることが問題だと考えられます。

あわせて読みたい

「小保方晴子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

  9. 9

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  10. 10

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。