記事

新潟女児殺害事件、小林容疑者は逮捕時に笑み? 臨床心理士がみた心理状況

1/2


 小学2年生の大桃珠生(たまき)さんの遺体を線路上に遺棄したなどの疑いで、会社員の小林遼(はるか)容疑者(23)が14日に逮捕された。

 小林容疑者の逮捕を受けて、捜査本部が置かれている新潟西警察署は深夜に緊急会見を開き「被疑者は死体遺棄、死体損壊の事実を認めている」「殺害については今後の捜査で明らかにしてまいりたい」と説明。また、小林容疑者は珠生さん殺害への関与もほのめかしているという。

 珠生さんの自宅と小林容疑者の自宅の距離は100mあまり。遺体を遺棄した場所は小林容疑者の自宅からわずか60mしか離れておらず、狭い範囲の中で犯行が行われたことになる。

 小林容疑者の人柄について近所の住民からは、「疑いをかけられるような子じゃない。優しくていい子」「高校生の時に回覧板を持って来てくれたりしたが、感じのいい子だった」との声があがる。

 一方、小林容疑者と幼稚園から中学校まで一緒だった幼馴染の男性によると、中学校に入ってから小林容疑者の様子が変化したといい、「小学校の時は結構周りとも仲良くしていたけど、中学校に入ってから今の言葉で言うと『陰キャラ』っていうのか」と説明。また、中学時代の小林容疑者は近所の小学校低学年の子どもたちとよく遊んでいたそうで、「近所の子とかと一緒にボール蹴ったり。(性別は)女の子もいるし男の子もいるし、生き生きとしているというか楽しそうにしているというか。(学校では)全然そういう感じじゃない。どちらかというとしゃべらない」と語った。



 逮捕された小林容疑者は、警察署に入る瞬間に笑みを浮かべたようにも見える。この時、小林容疑者はどのような心理状態だったのか。『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、臨床心理士で明星大学准教授の藤井靖氏に見解を聞いた。

Q.警察署に入る際、笑みを浮かべたようにみえる小林容疑者の心理状況は?

 「(彼が犯人だとすると)1週間でだいぶ追い詰められていたのではないか。自分がしてしまったことの大きさを認識したり、報道を見たりして警察の追っ手が迫っていたことを感じて追い詰められすぎたがゆえに、自分の置かれている状況を正確に把握できていないショック状態の可能性が考えられる」

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  5. 5

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  8. 8

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    オウムがつけ込んだ日本教育の穴

    原田よしあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。