記事

日本一パチンコ好きな県民は? 47都道府県ランキング 九州勢が上位に多い理由とは - 渋井 哲也

1/2

 人口10万人あたりで、パチンコの店舗数でもっとも多いのは鹿児島県――。

【ランキング】人口10万人あたりのパチンコ店舗数ランキング

 全日本遊技事業協同組合連合会の統計(2017年12月31日現在)によると、全国のパチンコ店は徐々に減少傾向にある。2017年は10,596店。10年前の2007年は13,585店だったので、3,000店ほど減っている計算になる。これを住民基本台帳による人口統計(2017年1月1日現在)をもとにすると、人口10万人あたりで10.7店から8.2店に減少したことになる。


©iStock.com

パチンコのユーザー数も過去最低に

 店舗数の減少に連動して、ユーザーも減っている。日本生産性本部の「レジャー白書2017」によると、2016年のパチンコの参加人口は940万人。前年の1070万人から130万人減少した。これは過去最低となっている。2010年から4年連続で減少し、2013年には1000万人台を割り込んでいたが、2014年には1150万人とやや回復した。しかし、2015年以降は再び減少に転じていた。

 市場規模も縮小した。同白書によると、2016年が21兆6260億円で、前年の23兆2290億円よりも1兆6030億円減少した。2013年以降、減少傾向となっている。

 店舗数を都道府県別に見てみる。店舗数で多いのは、東京都が891店。東北全体の906店に匹敵する。次いで大阪府(805店)、愛知県(583店)、神奈川県(564店)、北海道(542店)、埼玉県(538店)、千葉県(436店)、兵庫県(432店)の順。

 一方少ない順では、徳島県(67店)、佐賀県(68店)、山梨県と鳥取県(69店)、島根県(74店)、富山県と福井県(75店)、香川県(81店)、沖縄県(82店)、和歌山県(87店)、奈良県(89店)となっている。

人口10万人あたりの最少は沖縄県

 店舗数を人口10万人あたりで見ると、最多は鹿児島県で14.4。次いで、高知県(12.5)、鳥取県(11.9)、宮崎県(11.8)、長崎県(11.7)、大分県(11.2)、秋田県(11.1)、青森県、岩手県、福島県、島根県が同じで10.6の順となっている。

 最少は、沖縄県で5.58。次いで神奈川県(6.1)、奈良県(6.4)、東京都(6.5)、富山県(6.9)、千葉県(6.9)となっている。東京都や神奈川県の店舗数は多いものの、人口も多いため、人口比でも少ない。富山県は店舗数自体も人口比でも少ない。

 パチンコとパチスロの台数を人口10万人あたりで見てみると、平均は3468台。もっとも多いのは宮崎県で5715台。次いで、鹿児島県(5237台)、大分県(5120台)、長崎県(4498台)と九州勢が続くが、5番目には青森県(4491台)が入っている。

 台数が少ない順で見ると、パチンコ店が少ない沖縄県(2150台)がトップ。次いで人口が多い東京都(2385台)、神奈川県(2458台)、奈良県(2493台)、千葉県(2905台)と関東勢が多い。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  4. 4

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  5. 5

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    橋下氏「日大の指揮官許せない」

    AbemaTIMES

  7. 7

    ユニクロ元社員が内情を実名暴露

    文春オンライン

  8. 8

    内田前監督が居座る日大の異様さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  10. 10

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。