記事

米国は大使館をエルサレムに移すべきではない

米国が大使館をエルサレムに移転したことを契機に、ガザ地区で衝突が起こり、多数の死者・負傷者が出ている。

アラブの友人が亡くなり、傷ついていることに心を痛めている。

憂慮していた結果となってしまい、極めて遺憾だ。

トランプ大統領は大使館の移転を強行すべきではなかった。

トランプ大統領の極端な親イスラエル政策が中東を不安定化させており、米国に中東戦略の再考を求めたい。

事態をこれ以上悪化させないため、国際社会の仲介が必要だが、今まで日本が中東に築いてきた良好な関係をいかし、

中東和平に中立的な立場で役割を果たすべきだ。

トランプ大統領の中東政策に影響されない、主体的な中東外交を展開していく必要がある。

日本は、今こそ、言うべきことを言うときだ。

特に、河野外務大臣の役割を期待したい。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。