記事

柳瀬元首相補佐官の答弁は胡散臭いレベルではない、安倍氏の指示のもとですべて行動した、だから報告など必要ないと答えたらいいではないか

1/2
 加計学園関係者、愛媛県職員は首相補佐官との面会が何故、実現したのか、普通に面会したと言っても面会できるものではありません。

 しかもこの獣医学部新設を巡って面会したのは、この加計学園関係者だけというのですから、加計学園に対する優遇ぶりはあまりに露骨です。

 このような面会が実現したのは、首相補佐官の個人の判断であるはずもなく、安倍首相の意向がなければ絶対にあり得ないこと、それくらい誰もが思う常識なことです。

 逆にいえば、面会したことを首相に報告していないと柳瀬氏は答弁していますが、内容からすれば面会したという結果の報告など大した意味はありません。報告しない補佐官などいないと補佐官経験者や石破茂氏など多くの指摘があるところですが、それほどの違和感はありません。
石破氏「総理に秘書官が報告しないこと、考えられない」」(朝日新聞2018年5月10日)

「総理に秘書官が報告しないことは普通考えられない。秘書官は個人でなく、(総理の)分身として会っていて、誰に会ったか報告するのが普通だ。全く報告していないことにも違和感は持ったし、政府の中で働いたことがある人たちはそう思ったのではないか。」
 常識的な感覚を持っていれば石破氏の疑問にもなるのですが、安倍氏が最初に柳瀬氏に対して加計学園について便宜を図れと指示をしていたのであれば、それに従ってすべての段取りをすることが求められているのですから、この場合の面会報告はあったとしても経過報告にしかなりません。

 また、翻って考えるに愛媛県職員との面会など取るに足らないことです。この面会があろうとなかろうと加計学園の獣医学部新設は既定路線として政権内では動いていたからです。

 しかも最初から公表することは想定されていなかったし、ライバルであった京都産業大学の関係者とは面会しておらず、しかも建前としては特区の中での申請という形式を取る以上は、陳情面会があったから獣医学部新設が「認可」されたという関係にもありません。

 もちろん「お友達」優遇の加計ありきという構図を裏付ける事情の1つということにはなりますが、それ故に問題となるのは、何故、柳瀬氏が面会に応じたのかという経緯があるからであり、その結論ははっきりしています。この面会が実現したのは、

  「安倍総理の指示があったから」

というだけです。

 首相補佐官に指揮命令するのは首相自身です。首相を補佐する立場から独自に判断して行動することもあるでしょうし、それが全くできない首相補佐官であれば無能ということにもなりますが、加計学園の問題だけ独自に判断するということはあまりに不自然であり、柳瀬氏もそうは答弁できないわけで、そうなればきっかけははっきりしたも同然なのです。

 面会の意味は安倍氏の最初の加計学園に対する便宜を図れという大きな指示に加え、面会要請があったことから、個別に面会するよう指示があったからということになります。これは安倍氏にとっては、「お友達」に対するサービスだったのでしょう。つまり、「お友達」から愛媛県職員が面会したいと言っていることに対するサービスです。そうなると、面会自体が目的だったのですから、会ったというだけで終わりものなので会ったという結果の報告はいらなくなるというわけです。

 それはそうでしょう。安倍氏だって最初から面会を求めてきた内容はわかっているのですから。

 安倍氏が柳瀬氏からの報告はなかったと答弁しましたが、これ自体は大した問題ではありません。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  4. 4

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  5. 5

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  7. 7

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

  9. 9

    Chromeで迷惑ソフト発見する方法

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    ソシャゲで借金 主婦が風俗勤め

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。