記事

アングル:アップルが米初の「1兆ドル企業」目前、アマゾン猛追

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - アップル<AAPL.O>は10日の時価総額が9340億ドルとなり、米上場企業として初の1兆ドル(約109兆円)が目前に迫った。ただ、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が好業績を支えに猛追しており、ほどなくアップルを超える勢いだ。

アップルは先に発表した1000億ドル規模の自社株買い計画や米著名投資家ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>によるアップル株買い増し報道で株価が大幅に上昇。1日の決算発表後の株価上昇率は12%に達した。

時価総額は1兆ドルまであと8%で、ポルトガルやニュージーランドなどの国内総生産(GDP)を超えた。

CFRAのアナリストのアンジェエロ・ツィーノ氏は9日、音楽ストリーミングやオンラインストレージなどサービス関連の収入が大幅に伸びているとして、アップルの目標株価を195ドルから210ドルに引き上げた。この株価に基づけば時価総額は1兆0300億ドルとなる。アップルの時価総額が1兆ドルの大台に乗せると予想するアナリストは、ツィーノ氏を含めて13人に上る。

しかしアップルが1兆ドルを超えても、すぐに2位のアマゾンに抜かれそうだ。アマゾンは時価総額が7800億ドルとアップルよりも1480億ドル少ないが、株価上昇と売上高拡大のペースはアップルを大幅に上回っている。予想利益に基づく株価収益率(PER)はアップルの15倍に対して100倍を超えている。

アップルは新型旗艦機種「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の期待感から株価が過去1年間に24%上昇したが、価格が1000ドルのアイフォーンXの需要は投資家の期待を裏切り、強気の投資家が注目しているのはアップルの株主還元策だ。

一方、アマゾンはオンライン販売やIT(情報技術)部門のクラウド移行などで売上高が31%増加したことが支えとなり、株価がこの1年間で70%急伸した。

アマゾンは音楽や動画コンテンツの販売などの分野でグーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>やアップルと競合している。

現在、米上場企業の時価総額3位はアルファベット(7650億ドル)、4位はマイクロソフト(7490億ドル)だが、アマゾンはこの2社を2月中にあっさりと抜き去った。

この4社に時価総額5位のフェイスブック<FB.O>を加えると、時価総額はS&P総合500種構成企業(24兆ドル)の実に15%に達する。

株価は過去上昇が未来の動きを保証するわけではなく、アップルやアマゾンの近年の株高のペースは多くの基準に照らして別格だ。

しかしアップルはもし株価が過去1年間と同じペースで上昇し続ければ、9月に時価総額が1兆ドルに達する。一方、同じ条件ならアマゾンが1兆ドルに乗せるのは10月で、その後すぐにアップルを抜くだろう。

この条件でマイクロソフトが1兆ドルに達するのは2019年初頭、アルファベットは2020年となる計算だ。

もっともアナリストは4社の株価についてそれほど楽観的ではない。トムソン・ロイターのデータによると、中央値で見たアップルの1年後の株価予想は足元から6%高い200ドルで、時価総額は9830億ドル。

同様にアマゾンの1年後の株価予想は15%高の1850ドルで、時価総額は8980億ドル。マイクロソフトは12%高の8450億ドル、アルファベットは16%高の8840億ドルで、いずれも1兆ドルには届かない見通しだ。

(Noel Randewich記者)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  3. 3

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  6. 6

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  7. 7

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  8. 8

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  10. 10

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。