記事

山口達也が契約解除で「DASH村」大黒柱の後釜がいない…


”山口事変”の余波は大きい

 ジャニーズ事務所を契約解除となり、TOKIOの“元メンバー”となった山口達也(46)。騒動の影響を最も受けているのが、4年連続で年間視聴率三冠王を達成し、目下敵なしのはずの日本テレビだという。日テレは7日、山口が出演する全番組からの降板を発表したが、『ZIP!』の関係者はこう明かす。

「山口が降板するのか、後任が誰か、といった情報は現場のスタッフには全く知らされていませんでした。上層部がバタバタしているという様子だけはわかるが、スタッフの間では、“後任はジャニーズ事務所から出すらしい”という噂が一人歩きしていた」

 さらに影響が大きいとみられているのが、「山口が“大黒柱”としてフル稼働していた」(別の日テレ関係者)という『ザ!鉄腕!DASH!!』だ。

「4年連続の三冠王への貢献度でいえば、日曜19時~のゴールデン枠で15%ほどの数字が取れる『鉄腕DASH』の功績は大きい。とくに『DASH村』の企画では、農作業の収穫や動物の飼育などで山口がフル稼働し、多くのファンから“アイドルじゃなく、完全に農家の人”と言われるほどだった。

 それだけに、山口が抜けた4人のメンバーだけでは“村が立ち行かない”という声も聞こえてきますが、現段階では総集編を放送して、視聴者の反応をうかがいながら今後の番組について考えていくしかない。何も決まっていないような状態です」(同前)

 人気番組のピンチにも“ほぼ無策”だというのだ。そこで、「思い切ったテコ入れをしてみては」と提案するのは、漫画家の杉作J太郎氏だ。

「番組ファンは、大自然に溶け込んで頑張っているTOKIOが見たいんじゃないですか。『DASH村』よりもっと過酷な環境の、ジャングルみたいな山に籠もって、何日間かサバイバル生活をしてみるのはどうでしょう。大自然で強みを持つメンバーが抜けて不安があるなら、ゲスト隊長に藤岡弘、さん(72)をお呼びして、探検隊をやってみるとか。自然の中で自分たちを見つめなおしてみてもいいんじゃないか」

“農家の人”から“探検隊”へ──死角なき一強に生まれたまさかの事態には“劇薬”が必要なのかもしれない。

※週刊ポスト2018年5月25日号

あわせて読みたい

「元TOKIO山口達也 強制わいせつ事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。