記事

博多大吉バラエティ番組に出すぎて「ネタかぶりがすごい」

 5月9日放送の『たまむすび』(TBSラジオ系)にて、博多華丸・大吉の大吉が、多くのバラエティ番組で紹介する情報がかぶってしまう現状を明かしていた。

「『あさイチ』をやるようになって、前から抱えてたジレンマなんですけど。いろんな番組出してもらってるんですね。いまのテレビ業界への苦言ではないですけど。

 バラエティって、ほとんどクイズとか、旅とか、グルメとか、そんなんばっかりじゃないですか。そういう番組によく出てるんで、ネタかぶりがすごいんですよ」

 台本をプロが作っていることで、その弊害ともいえる事態なのだという。

「何かしらのデータが乗っかって、『視聴率が見込めるネタはこれだ』って言ってプロが出してくるじゃない? でも、プロというか、業界ってどっかで繋がってるから。似たようなものがどんどん出てくる。

 ぶっちゃけ、これ『ヒルナンデス』で先々週やったやつなんだけどな……と思いながら、VTRを他局で見たりとかね」

 このネタかぶりが起こったとき、大吉はどう対応しているのか。

「どういう顔をすればいいのか。『いや、これ僕ら見たことあるんです』って言うと、呼ばれた側としては面白くないじゃない。

 やっぱり、制作者側の意図通り、驚いたりした方がいいのかなと思うけど、見てる人は『あれっ? やってたよ』ってなる(笑)」

 さらに、知らないふりをすることで、別の疑いが生じる恐れもあるとか。

「知らないふりって思われるのは、まだギリいいんですけど、『もう忘れてるの?』って思われるとイヤじゃないですか(笑)」

 NHK朝の顔への抜擢など、大活躍しているからこそ感じることなのだろう。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。