記事

マレーシア政局にも影響「老華人企業家自伝」の中身 - 樋泉克夫

1/2

書店に並ぶ自伝。トランプ大統領の「暴露本」と並んでいるところに妙味がある(筆者撮影、以下同)

 昨年秋、老華人企業家の伝記がシンガポールと香港で発売されるや中華圏でブームを呼び、総選挙(5月9日実施)を前にしたマレーシアでは政治的波風まで引き起こした。

 書名は英文版が『ROBERT KUOK A MEMOIR WITH ANDREW TANZER』(シンガポール・Landmark社)で、中文版が『郭鶴年自傳 郭鶴年口述 Andrew Tanzer 編著』(香港・商務印書館)。

 郭鶴年(ロバート・クオック)――。1923年、マレーシアのジョホール生まれ。1960年前後には「砂糖王」と呼ばれ、1970年代末には拠点を香港に移して「嘉里(Kerry)集団」を率いて物流、シャングリラ・ホテル・チェーン、不動産開発、メディア業界などで辣腕をふるう。北京中枢とも太いパイプを持ち、中国市場でも派手なビジネスを展開し、数年前に香港からマレーシアにUターンした本人が、華人企業家としての自らの人生を振り返ったオーラル・ヒストリーである。

 戦後混乱期に家族経営から出発し、時代の荒波を乗り越えて「企業集団」と呼ばれる中華圏対応ビジネスモデルを作り上げ、中国が開放されるや中国市場に進撃。1990年代前半の「アジアの世紀」を謳歌し、香港返還直後の「アジア危機」や、2008年のリーマンショックといった2度の世界的危機を乗り越え、「一帯一路」を掲げる習近平政権による中国経済の飛躍的拡大という新たな環境への対応に腐心する華人企業家たち――その典型でもある郭鶴年の人生には、「白手起家(裸一貫)」で創業し、“したたかな商法”で巨万の富を築き上げたといった類の、わが国に見られる類型化した見方では捉え難い旺盛な企業家精神が隠れているようにも思える。

 ちなみに、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長との史上初の米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されると決まったが、もしやその会場は郭鶴年の傘下にあるシャングリラ・ホテルではあるまいか。何しろ2015年11月7日、中華人民共和国建国以来史上初という中国・台湾両首脳の歴史的会談、習近平国家主席と馬英九台湾総統(当時)の「習馬会」の会場ともなっているのだから。

大きかった母親の影響

 郭鶴年は父親の郭欽鍳を「商智に関しては他を一等抜いていた。生まれながらの直観と天賦の『経商頭脳』――これぞ華夏漢族の大本――を備えていた」と企業家として高く評価するが、家庭人としては失格の烙印を押す。これに対し、母親の鄭格如を一族の企業集団における「真の創業者である」とまで讃え、企業家として全幅の信頼を寄せると同時に、思慕の情を切々と綴っている。

 彼女が生まれた20世紀初頭の福建省福州は、英国の管轄下にあり、港湾はジャーディン・マセソン、スワイヤーなどの英国系商社に独占されていた。そこで「母は幼いころから強烈な反帝国主義、反植民地主義の思いを抱いていた」というから、マレー半島が日本軍に占領された時代に長兄の郭鶴挙(フィリップ)、兄弟のなかで最も聡明だったと言われる次兄の郭鶴麟(ウィリアム)が共にマラヤ共産党の抗日軍に加わり、1949年以降は反英闘争の指導者となったのも、おそらくは母親の影響だろう。ちなみに郭鶴麟は1953年に戦死しているが、郭鶴挙はマラヤ共産党を離れた後、マレーシアの外交官としてオランダ、西ドイツ、EC(ヨーロッパ共同体)大使などを歴任している。

 母親の強い勧めで、郭鶴年はシンガポールの名門・ラッフルズ書院に学ぶ。同級生には2代目マレーシア首相でナジブ・ラザク前首相の父親に当たるアブドゥル・ラザク、3代目首相のフセイン・オンが、1年先輩にはシンガポールのリー・クワンユー(李光耀)元首相がいた。彼ら有力政治家との「関係」が、企業家にとっての「大きな資産」であったことは想像に難くない。

「郭鶴年自伝」を伝える「亞洲週刊」(2018年1月7日号)

 母親は毛沢東を「罪過は功績を遥かに上回る」と手厳しく批判する一方、鄧小平を高く評価し、郭に向かって「お前の目玉が黒いうちに、中国は資本主義に回帰する。事実、その方向に向かって発展している。人というものは自分や子孫の利益のためであればこそ骨身を惜しまない。これからの中国は、こういった力が発揮され発展するだろう」と言い聞かせた。家族主義が中国経済発展のカギという彼女の考えに従うなら、共産党独裁政権下の市場経済の原動力は、伝統的家族主義ということになるわけだ。

「真の社会主義こそが社会の究極の目標であるべきだと考えていた」という母親に倣って、郭は「人類は気の遠くなるような長い苦難を経て真の文明世界に到達する。いま、われわれは長い道のりの初めの数歩を歩み出したにすぎない」と説く。だが、これまでの企業家人生において彼と彼の一族が掌中に収めたはずの巨万の富、名声、それに権力は、どう考えても「真の社会主義」とは相容れないように思える。この矛盾をどう理解すべきか。

 それにしても、90歳を遥かに過ぎた老企業家がここまで母親の影響を受けていたとは驚くばかりだ。だが、これは郭に限られたことではない。規模の大小にかかわらず、これまでの華人企業社会で家族経営を実質的に動かして来た基本は、母親だった。家長として振る舞ってきた父親(創業者)が亡くなっても動揺しない企業集団が、母親の死と共に解体の方向に向かう例は、これまで数多く見られた。やはり華人(ひいては中国人)の企業家一族の隠れた家長は母親だったのだ。

 巨万の富を築き上げたジョン・D・ロックフェラーの企業家としての振る舞い――合理性、節制、そして蓄財への傾倒など――は、福音派北部バプティストであった母親の強い影響によるとも言われているが、郭鶴年のみならず、成功した華人企業家とその母親の関係は、ロックフェラー母子の関係を連想させるに十分だ。こんな点からも華人(ひいては中国人)とアメリカ人の企業文化の共通性が傍証できるように思える。やはり中国人とアメリカ人の心性は似通っているのだ。

あわせて読みたい

「起業家」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  7. 7

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  10. 10

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。