記事

5月13日(日)ムネオ日記

加藤寛治衆院議員が結婚式のスピーチで、また、会合で「新婚夫婦に3人以上の出産を呼び掛けた挨拶」が批判されているが、もっと冷静に考えるべきではないか。

 今、日本はもとより先進国では少子化が進んでおり、国家百年の大計に係る問題である。
 一家一門の繁栄には子供は必要であり、それは国家にとっても重要である。

 私は子供の頃、「子供は国の宝だ。結婚したら一姫二太郎、最初は女の子がいい、そして男の子、さらに3人子供は作った方がいい」と教えられてきた。一つの教育であり、当たり前に受け止めてきた。

 時代が変わり価値観も変わってきたと思うが、加藤代議士の結婚スピーチで「3人のお子さんを作って戴きたい」というのは良い意味でのお願いであり、押し付けでもなければ強制でもない。
自分の子供が結婚したら早く「孫の顔を見たい」と思っているのが当たり前の気持ちでないだろうか。

 「物を作るわけではない」とか「女性に対する失言だ」とかの声があるが、加藤代議士の意図した本質から外れた議論になっているのではないか。

 一組のカップルで、最低2人子供が出来ないと人口は減っていく。おかげさまで私は3人の子供に恵まれ、5人孫がおり、何とも言えぬ可愛いものである。

 生みたくても体の都合で産めない人もいる。健常な夫婦、カップルは、是非とも子供を作って戴きたいものである。そのことが一家一門はもとより、社会に貢献しているのである。

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人体標本が物議 遺体はどこから?

    木村正人

  2. 2

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  3. 3

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  4. 4

    政治には期待薄な満員電車の解消

    LM-7

  5. 5

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  6. 6

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  7. 7

    都はサマータイムに断固反対を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    税金垂れ流しJR北海道は合併せよ

    中田宏

  9. 9

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。