記事

眞子さま GWの御料牧場滞在中もほとんど「籠城」状態

紀子さまと“ギクシャク”(撮影/JMPA)
【紀子さまと“ギクシャク”(撮影/JMPA)】

 秋篠宮ご一家は5月3~5日の3日間、栃木県にある御料牧場に滞在された。それは3~6日まで3泊4日で静養された皇太子ご一家と日程を合わせてのものだった。当初、今回の静養に眞子さまは同行されない予定だった。

「特にお仕事や公務などが入っていたわけではありませんでした。そのため、『週刊新潮』(4月25日発売)では、《ご静養旅行を拒む「眞子さま」の反乱》とセンセーショナルに報じられた。紀子さまは、小室家のトラブルが表沙汰になって以降、とにかく週刊誌報道を気にされているそうです」(皇室記者)

 眞子さまの同行が決まったのは、静養のほんの数日前だったという。

「秋篠宮ご夫妻の必死の説得に、ギリギリになって眞子さまが折れたようです。報道を打ち消し、家庭内での亀裂を勘ぐられたくない紀子さまのお考えだったようですが、実は5月3日に御料牧場に向かわれる際、紀子さまと悠仁さま、秋篠宮さまと眞子さまはおふた方ずつ別々だったのです。“道中ご一緒に”というわけにはいかなかった陰には、やはり紀子さまと眞子さまの“ギクシャク”があったようです」(宮内庁関係者)

 御料牧場の滞在中、紀子さまは悠仁さまとサイクリングなどを楽しまれたという。

「一方、眞子さまはほとんどの時間を外交団休所に“籠城”されたまま過ごされたそうです。眞子さまの態度はいまだ頑なな部分もあるようです。小室さんやご家族について、報道で知られることも多く戸惑うこともあったようですが、それでも小室さんとの将来をお考えになっている。それが、一度は結婚をお認めになった紀子さまへの落胆となってしまっているようです」(前出・宮内庁関係者)

 最近の紀子さまのご様子を知る人物が打ち明ける。

「これまでの気さくな様子から一転、宮邸に客人を迎えられたときにも、笑顔が消えて口数も大変少なくなってしまっていると聞きます」

 紀子さまにとっては、まったく気の休まらない1週間だったようだ。

※女性セブン2018年5月24日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。