記事
  • L.star

新旧アムステルダム比較雑感

とりあえずニューヨークに一時滞在してしばらく経ったので、そろそろ第一印象を書き留めておかないといけないので記しておく。奇しくもニューヨークは当初オランダ人が入植しニューアムステルダムと呼ばれていた地、といっても入植から50年程度の短い時期に過ぎないが・・・とはいえ日本を離れて最初に住んだ地が古いアムステルダムで、その次に新しいの、とは偶然に驚くばかりである。

道路整備が行き届いていない

最初に気付いたのは、なんと言っても整備が行き届いていない道路である。主に通行したのはLIEを含むロングアイランド周辺だが、日本でも「かなり荒れている」と言いたくなるような感じである。もちろん一部の印象で全部の地を見ず語るのは愚かなのは分かるが、オランダをはじめとしてヨーロッパは非常に整備が行き届いている国が多く、今まで一番整備のなってないと感じたブリュッセルもここまでひどくはなかった。自動車大国と呼ばれ、北米専用車種が多く見られる国としてはかなり意外だった。

食べ物の量が多く、味が人工的

とにかく食べ物を買ったときの量が多い。美味しいかどうかはもちろんもの次第なのだが、どっかのデリでものを買うとだいたい同じ価格なら日本で買う量の倍は入っている。オランダも量が多かった印象だが、桁が違う。そして味がきつい。朝食は、これはホテルの朝食のせいというのもあるが、ワッフルとかドーナツとかとにかく人工的に甘い。欧州で甘い朝食というとフランスやイタリアだが、彼らはあまり砂糖を使わず、素材の甘さをさりげなく使うのが多い。一方アメリカはどぎつく甘い。他の味も同様である。

もちろんニューヨークはまたオーガニックフードでとても有名な場所なのだが、そこには20世紀初頭の人工的な食に対するカウンターカルチャーとしての自然食というあり方を感じる。ヨーロッパでは食とは伝統であった。日本での食は伝統だが、同時にデパ地下のような圧倒的な人工的カルチャー、田舎に対するカウンターとしての都会であった。ニューヨークは奇妙にも自身がその両方を内包している。

アメリカ人によって作られた都市

オランダという国を説明するのに、「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」という言葉がある。これは干拓により自然を切り開いて作った土地、という意味である。それゆえオランダという土地には他のヨーロッパにはない「作られた自然」というイメージがつきまとう。しかしマンハッタンを眺めたときのその景色をみたら、オランダの作られたっぷりなど何の意味もないぐらいの圧倒的な人工感がある。もう完膚無きまでに発展し尽くしているとまで感じるぐらいに。

それでいて、例えばヴェネツィアのように「進化の袋小路」に陥った感じが全くないのが空恐ろしいところである。300mを越えるビルが何本も建ち並んでいてすら、さらに進化の余地を残す凄さがある。例えばアムステルダムとて17世紀は世界最高の都市と行って差し支えないほど繁栄した、かつては世界に名をとどろかせる大都市だったこと。しかしニューヨークは20世紀の最高の都市であり、なお21世紀に成長の余地を残す。

この点では日本も負けてないなと思うことはある。しかし不思議と神戸大阪東京に、そのような圧倒的な感じを感じることがなかったのはそれがかつて自分にとって慣れ親しんだ場所だったからなのだろう。むしろ「成長を妨げる負の遺産」を、例えば世田谷区の路上を運転したときにとか感じたが、ニューヨークでもこれから味わうのだろう。

最後に

とりあえず気になったのはこんなところなのかなと。ただ「異世界に来た」とか「凄いところに来た」とか思うのではなく、不思議と淡々と来るべき場所に来たと言う感じである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  2. 2

    二重国籍のまま大臣務めた蓮舫氏

    中田宏

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  5. 5

    説明責任果たした蓮舫氏に感動

    小林よしのり

  6. 6

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    橋下氏が「戸籍開示」批判に疑問

    橋下徹

  8. 8

    奨学金という商品で儲ける銀行

    fujipon

  9. 9

    英国で激増 硫酸で女性狙う凶行

    木村正人

  10. 10

    ネットで内閣支持60%?調査方法は

    大西宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。