記事

国会議員は尋問の技術を学ぶべき - 5月10日のツイート

トランプ氏の行動には賛否両論激しいが、彼は大統領選挙で掲げた公約を実行しているだけだ。自称インテリからは反対されるであろうことを選挙にきちんと晒した。トランプ氏のやっていることが間違っているなら選挙で変える。これが民主主義の本質。

自称インテリの意見が絶対的に正しいわけではないし、ましてや選挙で支持を受けたわけでもない。成熟した民主国家においては、政治家は公約を実行することが第一使命。その公約がダメなら有権者が選挙で落選させる。選挙は正しいものの選択ではなく、間違ったときに国民が渋々納得するためのものだ。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000030-jijp-int.view-000…
野党が国民の求めるものをしっかり受け止めれば、政権交代は常に可能。ところが日本の野党は独り善がりで、自分たちの行動が国民に支持されていないことに気付かない。

(加計学園問題)加計学園が特区に申請することを、柳瀬氏は安倍さんに話したことは一切ないと言う。このような事を報告しないということであれば、秘書官である柳瀬氏はどのような事を報告するというのか。野党は、柳瀬氏が話したことはないと言えば、嘘だろ!エー!とヤジを飛ばすだけ。

柳瀬氏はどのような事を報告し報告しないのか。実際の報告を基に報告の実態、報告の基準を明らかにすれば、それとの比較で、加計学園が特区に申請するという事実の報告があったのかどうかは自ずと明らかになる。国会議員は尋問の技術を学ぶべき。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/

橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  6. 6

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  9. 9

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  10. 10

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。