記事

国際政治学講義⑪:(3)世界破局のシナリオ ②

(2)人口の爆発

 世界を破滅させる第二の要因は、人口の爆発であり、地球の資源は膨大な数の人類の生存を維持するのに十分だろうかという問題である。

 世界の人口は、2016年現在で約74億人であるが、これが2050年には98億人になり、さらに2100年には112億人になると予想されている。しかも、約12億人が先進国で、残りの62億人が発展途上国であり、飢餓に直面している人々もいる。つまり、単純化して言えば、1人の豊かな人が5人の貧しい人に援助している構図である。

 さらに、出生率は、一般的には豊かな先進国で低く、発展途上国で高い。そこで、前者では人口減少、後者では人口爆発という問題に直面することになる。したがって、「豊かな人々」と「貧しい人々」の比率は、30年前には10億人vs40億人(1:4)だったのが、今日では1:5と拡大した。豊かな先進国による発展途上国への経済支援も次第に難しくなることが予想される。

 幸いなことに、世界一の人口大国である中国(約14億人)、第二のインド(約13億人)は、ともにBRICSの一員として目覚ましい経済発展を遂げている。両国が、今後さらに経済発展して、支援される側から支援する側に移行していけば、人口問題の重圧の一つが取り除かれることになる。

 歴史をふり返ると、世界の人口を調整してきたのは、戦争と疫病である。しかし、大国間の戦争は核兵器の出現と、その恐怖の均衡によって起こりにくくなった。また、感染症の蔓延は医療の進歩で阻止することができるようになった。

 しかしながら、人口問題、とりわけ人口の爆発が、これからも人類の命運を左右する大きな問題であり続けることは疑いえない。

あわせて読みたい

「人口問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大「誤解招いた」は最悪の謝罪

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    よしのり氏「日大の選手は正直」

    小林よしのり

  3. 3

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    総理の関与を証明した加計新文書

    宮崎タケシ

  5. 5

    世の常識に抗えた日大選手の若さ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    「壇蜜に」露出求める大人の甘言

    倉持由香

  7. 7

    要望無視 日大選手TV中継に批判

    女性自身

  8. 8

    宗男氏 愛媛県知事の人間性疑う

    鈴木宗男

  9. 9

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  10. 10

    武井壮 日大選手の会見に「闇」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。