記事

夏場所に復活かける白鵬 - 赤坂英一 (スポーツライター)

 今週末の13日に初日を迎える夏場所、優勝候補の本命は白鵬だろう。昨年、日馬富士の引退にまで発展した貴ノ岩への暴行事件で、現場の飲食店に立ち会っていたことが発覚。さらに、張り差しやかち上げの多い取り口に横審やファンから批判が寄せられ、すっかり〝悪役〟のイメージが定着してしまった。

[画像をブログで見る]

 今年に入ってからも、両足親指のケガで1月の初場所、3月の春場所と横綱に昇進してから初めて2場所連続休場するなど、最近は著しく精彩を欠いていた。が、今場所の白鵬には、是が非でも優勝したい大きなモチベーションがある。

 そのひとつが、4月9日に尊敬する父ジグジトゥ・ムンフバトさんが76歳で亡くなったことだ。ムンフバトさんは元モンゴル相撲の横綱で、男子レスリングの選手として1968年メキシコシティー五輪に出場。フリースタイル86㎏級で銀メダルを獲得し、モンゴル初のオリンピック・メダリストとなった。

 それから17年後の1985年3月11日に白鵬が生まれると、ムンフバトさんは白鵬がまだ幼いころ(当時はムンフバト・ダヴァジャルガル少年)、金メダルを獲れなかった悔しさを切々と語って聞かせた。9年前、白鵬は私のインタビューにこう明かしている。

 「メキシコで金メダルを獲ったのはロシア(当時ソ連)の選手で、私の親父さんの前にすべての試合を終えていました。親父さんは最後にアメリカの選手と試合をして、これに押さえ(フォール)勝ちをしたら、ポイントでロシアを上回って金を獲れるはずだったんです。だけど、親父さんはその押さえ勝ちができず、ポイントでロシアよりも下になってしまった。それで、試合はアメリカに勝ったのに金が獲れなくて、銀までだったわけですよ。昔はそういうルールだったんだね」

 この話、実際には白鵬はポイントの数まで挙げて詳しく説明してくれた。煩雑でわかりにくいため、残念ながら本稿では割愛せざるを得ないが、ムンフバトさんの感じた悔しさがいかに深く白鵬の記憶に刻みつけられたか、インタビューした私にもひしひしと伝わってきた。

 当時、ムンフバトさんは「自分の代わりにオリンピックで金メダルを獲ってほしい」と、息子の白鵬に期待をかけていたそうだ。が、白鵬自身は、「五輪の金メダリストは何百人いるかわからないくらいだけど、相撲の横綱はもっと少なくて貴重な存在だ(白鵬で69人目)。おれはその横綱を目指したいから」と、15歳で日本に渡って角界入りしたという経緯がある。

 当初は白鵬を引き取ってくれる相撲部屋がなく、いったん諦めた白鵬は日本から母国のムンフバトさんに電話し、「これからはレスリングをやります」と話している。ここで宮城野部屋が白鵬に手を差し伸べなかったら、白鵬はいまごろ五輪の金メダリストになっていたかもしれない。

 縁あって宮城野部屋に拾われ、白鵬が出世街道を歩み始めてからも、ムンフバトさんの胸中は複雑だったようである。2007年に日本人の紗代子夫人と結婚すると、モンゴル国民の感情的反発も招いた。さらに親方株取得のため、白鵬自身が日本国籍を取得する可能性がささやかれ始めたときは、ムンフバトさんが激高。実際、09年夏、私がウランバートルの実家を訪ね、この件について質問したら、「そんな話をするのはまだ早い!」と険しい表情で一喝された。

 白鵬が日本国籍取得の意思を固め、日本のマスコミに大きく報じられてからも、会見を開いて公式にコメントを出さなかったのは、尊敬する父ムンフバトさんの胸中を慮ってのことだったと言われる。ただ、母タミルさん(70歳)が日本のメディアに語ったところによれば、ムンフバトさんも亡くなる前は息子が日本人となることを許していたそうだ。

 白鵬としては、何としても今場所で賜杯を抱き、父の墓前に優勝を報告したいところだろう。そこまでやってこそ、晴れて日本国籍を取得すると、公に宣言することもできる。それが、今場所に復活を期す二つ目のモチベーションでもある。

 そして、三つ目のモチベーションは昨年の日馬富士暴行問題以来、大きく低下した自分自身のイメージ回復、〝綱の威信〟の復活だ。2020年東京オリンピック開幕セレモニーでの土俵入りを目指す白鵬にとって、〝悪役〟のままでいることはプライドが許すまい。

 もちろん、そのためには、「強い相撲」と同じくらい、「美しい勝ち方」をすることも求められる。様々な意味で、今場所の白鵬の土俵に要注目だ。

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    金足農 甲子園躍進で予算ピンチ

    キャリコネニュース

  3. 3

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  4. 4

    容疑者脱走 取材班に住民が迷惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    石破氏に軽減税率の阻止を期待

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  7. 7

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    チケット転売の公式化は不道徳か

    橘玲

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    全て反対? 野党批判に騙されるな

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。