記事

国民民主党に期待できない

[画像をブログでみる]

 昨日、「国民民主党」という新党が結成されたと伝えられたが、期待できる政党に育つのは難しいように感じられる。

母体となったのは「希望の党」と「民進党」で、衆参合わせて109名の国会議員を擁していた。単純に合計すれば現有62名の立憲民主党を上回って野党第一党になれる思惑だったろうが、実際の参加者は62名にとどまったということだ。
そして参加しなかった者の中から10名が立憲民主党に参加したので、立憲民主党は72名に増える結果になった。

これが今回の「新党さわぎ」の、最大の収穫と言っていいのかも知れない。

 なぜそうなるかというと、「希望の党」にも「民進党」にも、将来を託せるような「伸びる力」を感じられないからだ。
今回の「国民民主党」の中心的なメンバーの中にも、「これは」と思えるような魅力的な人物が見当らない気がする。

 今の政権与党に対峙できる力と意欲を備えているのは、やはり立憲民主党しかないと思うのだ。
だとすれば、次の総選挙が近い未来には見通せない現在、野党の再編は、立憲民主党を中心に据えて進めるのがよい。

「国民民主党」は、その党名からしても漠然としていて個性が感じられない。
下手をすると、第二保守党になりそうな不安さえ感じてしまう。それに対して立憲民主党には、安倍改憲を阻止して、憲法と共にある国民を守り抜く意志がある。

野党の結集は、立憲民主党を中心に据えることで実を結ぶだろう。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  9. 9

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。