記事

世界に冠たる無敵の「少子高齢化」日本経済〜英銀2050年世界経済規模ランキング予測検証

1/2

 13日付け日経新聞記事から。

50年のGDP、首位は中国 日本は4位 英銀予測

2012/1/13 12:08

 英銀最大手HSBCが12日、2050年の世界経済規模ランキング予測をまとめた。中国の国内総生産(GDP)は25兆3300億ドル(約1950兆4100億円)となり世界首位に浮上、米国(22兆2700億ドル)との2強体制が鮮明になる。人口が1億200万人まで減る日本(6兆4200億ドル)は世界最多の16億人に膨らむインド(8兆1600億ドル)に抜かれ4位に後退する。

(後略)

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E0E2E58A8DE3E1E2E3E0E2E3E09790E0E2E2E2;at=DGXZZO0195570008

 うむ、英国銀行HSBCが2050年の世界経済規模ランキングを発表しました、米国を抜き中国が世界首位になり、一方日本はインドに抜かれ4位に後退するという予測であります。

 HSBCのレポートはネット上で以下のPDFファイルとして公開されています。

The world in 2050

Quantifying the shift in the global economy

http://www.research.hsbc.com/midas/Res/RDV?p=pdf&key=ej73gSSJVj&n=282364.PDF

 とても興味深いレポートなので今回はこの2050年世界経済規模ランキング予測について取り上げたいと思います。

 さて元のレポートでは2050年の経済規模上位30カ国・地域について予測がなされていますが、香港など人口が1000万に満たない地域も含まれていますので、ここでは人口5000万以上の規模の国に絞り、38年後の日本のポジションを押さえていきます。

■表1:2050年GDP規模ランキング上位20カ国(人口5000万人以上)

順位国名GDP
1China24617
2US22270
3India8165
4Japan6429
5Germany3714
6UK3576
7Brazil2960
8Mexico2810
9France2750
10Italy2194
11Turkey2149
12Spain1954
13Russia1878
14Indonesia1502
15Argentina1477
16Egypt1165
17Thailand856
18Iran732
19Colombia725
20SouthAfrica529

■図1:2050年GDP規模ランキング上位20カ国(人口5000万人以上)

f:id:kibashiri:20120116153658j:image

 うむ、中国と米国の市場規模が群を抜いています、中国の国内総生産(GDP)は25兆3300億ドル(約1950兆4100億円)となり世界首位に浮上、米国(22兆2700億ドル)とのまさに「2強体制」が鮮明になっていますね。

 また人口が1億200万人まで減る日本(6兆4200億ドル)は世界最多の16億人に膨らむインド(8兆1600億ドル)に抜かれ4位に後退しています。

 以下、ドイツ、英国、ブラジル、メキシコ、フランス、イタリアが10位までの国になりますが、ブラジル、メキシコなどの新興国がフランスやイタリアを押さえて経済市場規模で台頭していることが見て取れます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  6. 6

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  7. 7

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  8. 8

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  9. 9

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。