記事

妻が怖くて帰れない 「帰宅恐怖症」が家庭も職場も破壊する - 小林 美智子

1/2
 共働き世帯が増加し、「イクメン」といった言葉が流行る一方、男女の役割変化になじめない人がいる。夫婦のすれ違いの果ては別居、離婚、うつ病まで――。男性を追い込む「帰宅恐怖症」とは何なのか。夫婦問題カウンセラーの小林美智子氏が解説する。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100)

「恐妻家」がなぜ「帰宅恐怖症」に変化したか 

 以前から「恐妻家」「かかあ天下」といった言葉はありました。

「妻が怖くて、逆らえませんよ!」

「家庭では、ひたすら我慢と忍耐です!」

「妻に怒られるけど、今日も飲んじゃってま~す!」

 ひと昔前はこんな声が聞こえてきたものです。妻にうまくリードしてもらいつつ、でもお互いに尊重し合う、どこか微笑ましい光景でした。


©iStock.com

 ところが、現代は「家=妻」が怖くて家に帰れない「帰宅恐怖症」という現象が起こっているのです。

 では、なぜ「恐妻家」から「帰宅恐怖症」へと変化してきたのでしょうか。

 大きな要因は社会情勢の変化です。以前は「男性は生活を支えるために稼ぐ人」「女性は家庭を守る人」という役割分担が当たり前とされていました。

 ところが現代はどうでしょうか。共働き夫婦が増えた結果、役割分担があいまいになってきました。いまや男性は稼ぐだけでなく、家事や育児に協力しなければならない時代。ところが以前のように、稼ぐ父親の姿しかみてこなかった男性は、家事や育児にどう関わっていいのかが分からない。

 一方、女性は、家事や育児をひとりで切り盛りしてきた母親の姿しかみてこなかった。だから夫に、家事や育児にどう関わってもらえばいいのか分からない。

 そこですれ違いが生じてしまうのです。これまで聞いてきた、男女の典型的な証言をご紹介しましょう。

役割は変化、だけどうまく分担できていない

【男性相談者の証言】

 私も妻の負担を減らそうと、できるかぎり手伝おうとするのですが、妻には妻のやり方があるらしく、自分のやり方と少しでも違うと、文句のオンパレードです。やればやったで文句を言われるし、やらなければやらないで文句を言われます。一体どうしたらいいんだ! という怒りもあるし、正直、怖さもあります。

 では女性の言い分はどうでしょうか。

【女性相談者の証言】

 共働きなのですが、子供が生まれてからは毎日が忙しすぎて、ソファーでゆっくり横になった記憶が、ほとんどありません。満員電車に揺られる通勤の行き帰りが唯一の自分の時間でした。
 夫は気分転換に外で飲んでくることもできますが、私にはそんな時間すらない。私ばかりが仕事に家事に育児にと、負担が大きくて不公平。そう思って、いつもイライラした態度をとっていました。
 お互いの役割が変化しているのに、うまく分担することができていない。それが夫婦関係に大きな影響を与えているのです。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  4. 4

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  10. 10

    元横浜市長が新聞の首相動静解説

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。