記事

Facebookページのインサイト:データ分析によるコンテンツ最適化

1/2

Facebookページのインサイトが新しいインサイトに変わりました。旧インサイトは、2012年2月15日にアクセスできなくなるので、必要があればデータのバックアップをとっておきましょう。
今回は、Facebookのインサイトについて解説し、ユーザーとのコミュニケーションを活性化させるためにチェックすべき項目などについて解説します。

なお、Facebookの公式の新しいインサイトのガイドは、こちらをご覧ください。ただし現在は、日本語版は提供されていません。

「話題にしています」をまずは理解する


インサイトの解説に入る前に、Facebookページの「いいね!」の数の下に表示される「話題にしています」の数について、解説しましょう。



「話題にしています」の数字は、直近7日間の間にページに対して以下の行為を行ったユニークユーザー数を表示します。基本的にユーザーのニュースフィードに反映される行為がカウントされます。

・Facebookページへの「いいね!」
・Facebookページの投稿に対して、「いいね!」またはコメント、シェアをする
・FacebookページからのFacebookクエスチョンに対して回答する
・Facebookページが作成したイベントに対して参加可否を回答する
・Facebookページに言及する
・写真にFacebookページをタグ付けする

・スポットにチェックイン、またはその場所をリコメンドする
ただし、「話題にしています」の数字は、リアルタイムではなく、2日前時点での数字が表示されます。



Facebookページに言及するってなんだろう?

数えられる行為の一つである「言及する」というのは、投稿などにそのFacebookページへのリンクが付く形(タグ付け)で、話題にすることです。投稿するときにFacebookページ名の前に@をつけることで、言及したことになります。



カウントされるとき、されないとき

あるユーザーがレストランに行きました。このレストランのFacebookページ名は「xxxレストラン」だったとします。以下の場合は、カウントされます。

・「@xxxレストラン」としてお店について投稿

以下の場合は、カウントされません。

・「xxxレストラン」としてお店について投稿

Facebookページ名の前に「@」を付けて投稿することでカウント対象となります。

また、カウントされる行為を同じユーザーが計測期間の7日以内に行った場合、カウント数は1になります。

理由は、7日間の間にFacebookページと交流したユニークユーザーがカウントされる事になっているからです。

「話題にしている人」のインパクト

「話題にしている人」の数は、「いいね!」の数と同じように、すべてのユーザーが見ることができます。

よって、Facebookページに訪れた人にとっては、そのページが盛り上がっているか、参加するべきかどうか判断する指標になるでしょう。

7日間の合計値が表示されるので、たまに盛り上がる投稿をするよりも、継続的に投稿をしてユーザーとエンゲージしたほうがよいということになります。単に数字に一喜一憂するのではなく、数字を目安に少しでも多くの人と交流できるような日々の運用を考える必要があるでしょう。

インサイトを見てみよう


新しいインサイトは、管理人アカウントでFacebookページにアクセスすると、左側のメニューに表示されるようになっています。ただし、「いいね!」の数が30未満の場合、インサイトを利用することはできません。「インサイト」をクリックするとダッシュボードが表示されます。



インサイトのダッシュボードには、直近1ヶ月のデータがグラフで表示されます。現在のところ、インサイトのダッシュボードの情報については、表示期間を変えることができません。過去のインサイトデータを保存する場合は、データのエクスポート(後述)をしてください。



グラフのX軸に表示されている丸は、投稿の件数を表示します。投稿回数が多ければ、大きくなり、少なければ小さくなります。

「合計リーチ」とは、7日間の間に、Facebookページに関連するコンテンツを閲覧したユニークユーザー数です。Facebook広告やスポンサー記事の表示回数も含まれます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  2. 2

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    小泉今日子HIV騒動にみる生き様

    NEWSポストセブン

  9. 9

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。