記事

7割が不倫者なのに許さないのはおかしい

「僕なりのけじめとして引退を決意しました」。今年1月、不倫疑惑を報じられた小室哲哉氏が記者会見で引退を発表した。この数年、週刊誌報道をきっかけとして著名人の不倫謝罪が相次いでいる。「恋愛学」を教える早稲田大学の森川友義教授によれば、7割の男性は不倫をしていると推測できるという。そうした現状において「不倫バッシング」に正当性はあるのか。森川教授に聞いた――。


2018年1月19日、不倫疑惑が報じられた小室哲哉氏は記者会見で、涙ながらに引退を表明した。(時事=写真)

男性の4人に3人、女性の10人に3人は不倫経験者

一連の不倫騒動を、対岸の火事と捉えている人は、おそらく少ないだろう。というのも統計によれば、多くの人が不倫を体験しているからだ。

浮気・不倫に関するデータ(※1)を総合したところ、現在進行形で不倫している男性は26.9%、女性が16.3%にのぼった。さらに一生の間の不倫経験率は男性が74.0%、女性が29.6%。実に、男性の4人に3人、女性は10人に3人が不倫を経験していることになる。

不倫を「婚姻関係にある配偶者以外の人とセックスすること」と定義づけるならば、風俗でセックスを行うのも不倫行為だ。男性の風俗経験率は41.8%という統計もあり(※2)、こうした「風俗不倫」を含めるならば、男性の多くは不倫経験があると推測できる。

夫は不倫発覚でも10人中7人が家庭内でおさめる

その不倫はどれだけ見つかるのかといえば、発覚率は、夫21.0%、妻6.8%。男女間で差があるのは、男のほうがウソをつくのが下手で、妻は不倫発覚によって夫より失うものが多いため、慎重になるからだろう。司法統計の離婚申立件数から離婚の発覚率をもとに推計したところ、夫の不倫を知った妻は10人中3人が、一方、妻の不倫を知った夫は、10人中8人が離婚に向かうという数字が浮かび上がった。

つまり夫は不倫が見つかっても、10人中7人が家庭内で解決していることになる。そして不倫では快楽的なセックスを体験でき、恋愛感情が芽生えれば、至福感も醸成されるメリットなどがある。

だからといって、誰もが気安く不倫に及ばないのは、デメリットがあまりにも多いからであろう。食事代やホテル代などの経済的な損失。配偶者にウソをつく罪悪感。不倫相手から離婚を催促されるプレッシャー、性病や妊娠というリスクもある。さらに不倫が発覚した際に修羅場が待ち構えているのは容易に想像がつく。

※1 NHK「日本人の性行動・性意識」、相模ゴム工業「ニッポンのセックス」、日本家族計画協会家族計画研究センター「JEX ジャパン・セックス・サーベイ」、「週刊ポスト」「女性セブン」の調査
※2 国立女性教育会館「人身取引(トラフィッキング)問題について知る2011」

「浮気遺伝子」は男女ともに存在する

下手をすれば、仕事を失い、家庭の崩壊を招くことにもなりかねないリスクを負ってまで、なぜ人は不貞の恋に突き進むのか。それは生物学では、「配偶者以外ともセックスしたい」という浮気の願望が遺伝子に組み込まれた欲求だから、ということで説明がつく。

その「浮気遺伝子」とでも呼ぶべき遺伝子は男女ともに存在する。男性の場合、浮気をしないAさんと、浮気をするBさんがいたとしよう。Aさんは1人の女性との間に生まれた子どもにのみ遺伝子が引き継がれていく。一方、Bさんは複数の相手と性的関係を持つことで、Aさん以上に多くの子どもをもうけることが可能になる。利己的な遺伝子にとって、最大の目的はセックスを通じて拡散していくことだ。そう考えると、浮気をすることは量戦略として有利なのである。

また女性は浮気性ではない、という言説をたまに目にするが、それは都市伝説にすぎない。女性が浮気をしたがる理由はいくつか仮説があり、なかでも有力なのが「多様性」の戦略である。

浮気をしないCさんと浮気をするDさんがいたとして、2人とも生涯で3人の子どもを産むと仮定しよう。Cさんが同じ男性との間に3人、Dさんが別々の男性との間に3人子どもをもうけた場合、遺伝子が多様化してリスク分散され、生き残っていく可能性が高くなるのは後者なのだ。また生殖期間が比較的短い女性が、たくさんある選択肢の中から最適なものを1つ選ぶため、複数の男性と同時に交際するのは非常に合理的である。

これらは狩猟採集時代、子どもが生き延びるために最適につくられた遺伝子の戦略だった。それから約1万年が経過したが、遺伝子はほとんど変わっていない。その間、社会制度は変わり、一夫一婦制がつくりだされた。

本能は不倫を求めるが、社会制度はそれを認めない

婚姻制度とは、一方の通告のみでは契約を解消することのできない、強固な保有関係である。しかも、平均すると50年間にわたってひとりの配偶者と婚姻関係を続けなければいけない。これは野球でたとえるなら、初打席でホームランを打つようなものだ。1回目の結婚で、セックスの相性もよくて、それが長く持続しながら、幸せなままで人生を終える。それがかなう確率は低く、現状に満足していなければ配偶者以外の異性を欲するようになる。

こうして本能は不倫を求めるが、社会制度はそれを認めない。男性の7割強、女性の3割が不倫をしている現状を見ると、今や一夫一婦制は機能不全を起こし、もはや破綻しかけているのではないだろうか。

とはいえ現行で一夫一婦制が採用されているかぎり、どんな理由であれ、社会的に不倫は許されないものである。そこで改めて考えてほしい。一体、誰が「許す」のか、ということを。それは不倫された当事者なのである。不倫は家庭内で対処すべき究極のプライベートなのであって、第三者が介入するものではない。

にもかかわらず、最近はマスコミが「許すまじ」という姿勢で不倫疑惑のある著名人にマイクを向け、謝罪を促す。さらにはストーキングして不倫を暴き、必要以上に本人を不幸にするケースも後を絶たない。そうやって世間の耳目を集めて売り上げにつなげる不倫バッシングビジネスは、もはや不倫より倫理に反する行為といっていいほどだ。世間が報道を不快に感じ、「やりすぎだ」という逆バッシングが起きたのも、至極当然な結果だと感じる。

不倫をしない究極の防止策とは

たとえ報道される立場でなくても、不倫が社会的に認められないものであり、またデメリットが多い現状では、本能に逆らってでも不倫しないことが得策と言える。

そのためには何をすればいいか。まず「1度目の不倫をしないこと」が肝心だ。恋愛すると脳内に神経伝達物質のドーパミンがあふれて、多幸感を覚える。ドーパミンには新しい刺激を求める中毒性があるため、1度不倫をすると、さらに刺激の強い不倫を求めてしまう。カラオケで最初は躊躇していても、歌いだしたらマイクを離さなくなるのと同じ現象だ。

そして究極の防止策は、満足度の高い結婚生活にほかならない。そのために有効なのが、配偶者に対する評価の改善である。往々にして仲の悪い夫婦は、自分には過大評価、相手には過小評価をしていることが多い。その意識を変える方法として、減点方式から加点方式への変換をお勧めしたい。

具体的には朝起きた時点で、相手への期待を1度リセットすることだ。そこで朝起こしてくれること、朝食を作ってくれることを当たり前だと思わず、提供されるあらゆる行為を「自分のためにやってくれた」と加点で評価していく。そうすれば素直に感謝でき、「ありがとう」の言葉も出てくるだろう。つまり配偶者に過度に期待しないことが、幸福な結婚生活を支えるのである。

もうひとつが、夫婦間で飽きがこない関係を築くことだ。満足度は消費すればするほど減少していくという経済学の「限界効用逓減の法則」が示すように、一緒にいる時間やセックスなどの消費財は徐々に満足度が減っていく。そこで夫は経済力、妻は料理の腕を磨くなどして(もちろんその逆もある)、なるべく飽きのこない行為を積み上げ、互いに満足度を下げないよう努力する。

遺伝子が変わらないかぎり、今後も不倫は存在し続けるであろう。しかしもしあなたが一連の不倫騒動に辟易としているならば、不倫をしないように心がけて暮らす、というのは真っ当な選択かもしれない。

----------
森川友義(もりかわ・とものり)
早稲田大学国際教養学部教授
1955年、群馬県生まれ。政治学博士。早稲田大学政治経済学部卒業後、国連専門機関勤務、オレゴン大学客員准教授などを経て、現職。専門は進化政治学、国際関係論、日本政治だが、日本における「恋愛学」の第一人者としても知られる。著書に『大人の「不倫学」』(宝島社)など。

----------

(早稲田大学国際教養学部教授 森川 友義 構成=堀 朋子 写真=時事通信)

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  2. 2

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  3. 3

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  6. 6

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  7. 7

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  8. 8

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  10. 10

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。