記事

大谷翔平カード436万円で落札されるも「ポケモン」に負ける

『ebayより』
『ebayより』

 アメリカンリーグの4月の月間最優秀新人賞を受賞したエンゼルスの大谷翔平。日本人選手では、過去にイチロー(マリナーズ)、石井一久(ドジャース)、松井秀喜(ヤンキース)、岡島秀樹(Rソックス)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)が受賞している。

 大谷の快進撃に比例するように、トレーディングカード業界も盛り上がりを見せてきた。直近にヤフオク!で落札された大谷カードの価格は、1枚で「40万円」「35万円」「26万円」と軒並み高値だ。トレーディングカード専門店「MINT新宿店」では、過去に直筆サイン入りカードが85万円で購入されてもいる。

 一方、本場アメリカはもっと熾烈だ。3月28日にメジャー契約を結んで以降、まず4月8日にオークションサイト「ebay」で6725ドル(約72万円)で落札された。

 その後、価格はさらに高騰し、4月26日にはついに1枚「3万9995ドル(約436万円)」を記録。これほど価格が高騰した理由を、野球カード業界の関係者が教えてくれた。

「『メジャー行き』はカード価格が跳ね上がる一つの要素です。トレーディングカードはアメリカが本場なので、向こうで結果を出せば出すほど価格は上がっていく。さすがに400万円はそうそうない数字だと思いますが」

 カードを買う客にもタイプがあるという。

「選手が好きでカードを買うタイプと、投資目的で買うタイプがいます。つまり、選手に対する世間の期待度が、価格に反映されていくんです。清宮幸太郎選手などは、大谷選手に続く注目株です」

 だが、実はそんな大谷を上回る大物がいた。カード状態を審査するアメリカの第三者機関「PSA」のトップが、今年1月、こんな発言をしているのだ。

「1999年に発行された第1版ポケモンカードが、昨年12月、9万8400ドル(約1000万円)で販売されました。素晴らしい年だった」

 意外なところから伏兵が登場したが、大谷カードも1000万円を超すのは時間の問題かもしれない。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。