記事

立憲主義を貫く枝野幸男代表が来た!

5月3日の「ゴー宣道場 拡大版」の収穫は、枝野幸男氏の発言と、コスタリカ憲法と、ガンジー主義に尽きる。

枝野氏は思った以上に踏み込んで発言してくれた。
哲学と正直さの両面のバランスを取っている政治家は、やはり枝野幸男しかいないと確信した。

「立憲主義を貫く!」、これは「ゴー宣道場」と立憲民主党の共通のテーマだから共闘できる。
さらに「女性宮家の検討委員会」を作ってくれれば、もはや枝野氏には文句はない、あとの多少の違いは目を瞑るという、わしとしては政治家に対する最高度の信頼にまで達する。

枝野氏が、「辻元清美をはじめとして、立憲民主党の議員には、教条的護憲主義は一人もいない」と明言したのも、本来、当たり前のはずの「立憲主義」が分からぬ議員では話にならないし、あくまでも「立憲主義を貫く政党」というポリシーは揺らがないと、党の内外に宣言したようなものだ。
「よくぞ言った!」とわしは思った。 

今日中に『ゴーマニズム宣言』第6章のわしのペン入れを終え、明日から第7章「枝野・コスタリカ・ガンジー主義」のコンテを描きたい。
第7章以降、しばらく立憲的改憲について連続して描く。 

ちなみに来週8日発売の「SPA!」『ゴーマニズム宣言』は立憲的改憲の入門編だ。
「SPA!」にはイデオロギーに偏らない一般的な読者がいるはずだから、少しずつ、少しずつ、描き進めていく。

今回は設営を引き受けてくれた多くの人たち、関西方面からやってきた門下生のみなさんの盛り上がりが凄くて、楽しんでる様子を見てると、わしもまた楽しかった。

そして今回、目黒警察署の方々には感謝する。
オウムのときは、最も危険な時に警察が動いてくれなかったが、今度は警視庁からも指令が出たくらいの対応を見せてくれた。
できれば犯人を特定して逮捕してほしい。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  4. 4

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  10. 10

    元横浜市長が新聞の首相動静解説

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。