記事

立憲主義を貫く枝野幸男代表が来た!

5月3日の「ゴー宣道場 拡大版」の収穫は、枝野幸男氏の発言と、コスタリカ憲法と、ガンジー主義に尽きる。

枝野氏は思った以上に踏み込んで発言してくれた。
哲学と正直さの両面のバランスを取っている政治家は、やはり枝野幸男しかいないと確信した。

「立憲主義を貫く!」、これは「ゴー宣道場」と立憲民主党の共通のテーマだから共闘できる。
さらに「女性宮家の検討委員会」を作ってくれれば、もはや枝野氏には文句はない、あとの多少の違いは目を瞑るという、わしとしては政治家に対する最高度の信頼にまで達する。

枝野氏が、「辻元清美をはじめとして、立憲民主党の議員には、教条的護憲主義は一人もいない」と明言したのも、本来、当たり前のはずの「立憲主義」が分からぬ議員では話にならないし、あくまでも「立憲主義を貫く政党」というポリシーは揺らがないと、党の内外に宣言したようなものだ。
「よくぞ言った!」とわしは思った。 

今日中に『ゴーマニズム宣言』第6章のわしのペン入れを終え、明日から第7章「枝野・コスタリカ・ガンジー主義」のコンテを描きたい。
第7章以降、しばらく立憲的改憲について連続して描く。 

ちなみに来週8日発売の「SPA!」『ゴーマニズム宣言』は立憲的改憲の入門編だ。
「SPA!」にはイデオロギーに偏らない一般的な読者がいるはずだから、少しずつ、少しずつ、描き進めていく。

今回は設営を引き受けてくれた多くの人たち、関西方面からやってきた門下生のみなさんの盛り上がりが凄くて、楽しんでる様子を見てると、わしもまた楽しかった。

そして今回、目黒警察署の方々には感謝する。
オウムのときは、最も危険な時に警察が動いてくれなかったが、今度は警視庁からも指令が出たくらいの対応を見せてくれた。
できれば犯人を特定して逮捕してほしい。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。