記事

爆笑問題のワイドショーを見て

日曜朝の爆笑問題のワイドショーを最近は結構見ている。
この番組には異形の者ばかりが次々に登場するが、非常識が通用して全体主義を破壊する瞬間がたまらない。

今現在は「セクハラ糾弾・原理主義」が全マスコミに浸透して、異論は言えない状態になっている。

庶民レベルでは、わしの妻も、秘書も、道場の女性師範も、わしの担当女性も、異論反論だらけなのだが、マスコミの優等生批評は「断固、セクハラ糾弾!」「発言だけでも、奴を吊るせ!」の大合唱で、不気味に全体主義を形成している。
戦前の軍国主義も、マスコミが異論反論を許さぬ空気を形成した。

そんなときに爆笑問題のワイドショーの中で、「私はキスだけなら許す」とか、「他人に突然キスされるのは案外、気持ちいい」とか、女性が発言して大爆笑になる光景があって、実に愉快だ。
この番組を見ると「非常識」の意義について深く考える。 

常識は本来、「保守思想」の重要な核なのだが、マスコミが作った常識は実はイデオロギーであることが多い。
マスコミが作る正論に対抗するには、庶民の異論反論が必要だ。
それは非常識に見えて、実は常識なのである。 

「庶民の現場」の感覚を無視して、マスコミの人工的な「人権イデオロギー」に染まり、大衆化せぬように、わしは悪人と見られても、エセ知識人に「王様は裸だ!」と、言い続けなければならない。

ただし、わしは基本的に「セクハラ・パワハラ反対」であり、「女性の地位向上」のための発言や作品は描き続ける。
ヒステリーは嫌い。原理主義は大嫌い。全体主義は恐怖。
「笑い」はこれらと戦うために重要である。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

  9. 9

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  10. 10

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。