記事

野田首相「訴える側もつらいんです」 内閣改造会見で"安定財源"への理解を訴える

会見をする野田佳彦首相(ニコニコ生放送より)
1月13日午後6時、内閣改造を終えた野田佳彦首相が記者会見を行った。

首相は冒頭のあいさつで、「社会保障の機能を確保するために安定財源が必要」「つらいテーマでもしっかりとお訴えする」と強調。

消費税増税を含む一体改革への意欲をにじませた。

今回の改造、一つの背景としてご理解いただきたいのは、2月の早い段階で復興庁を発足させます。それにともなって復興を目下の担当とする大臣、副大臣、政務官を任命することができます。

復興に万全を期すとともに、まもなく通常国会が始まりますが、予算を通し、昨年からの課題である復旧復興を加速させ、原発事故を収束させるなどの野田内閣の当初からの課題に加えて、社会保障と税の一体改革という先送りすることのできない課題を着実に推進するための最善かつ最強の布陣を敷くための改造でした。

今回、5人の方に閣僚に加わっていただきましたけども、さまざまな課題を超えていくための突破力のあるメンバーを中心に選任させていただいたつもりです。これから国会が始まりますが、民主党政権というより、日本にとっての正念場です。復旧復興を着実にこなすために、「虫の目」というか地に足のついた対応が必要です。もう一つは、社会保障と税の一体改革を含めて時代を俯瞰する「鳥の目」が必要です。

今までの政治の継続をして、惰性で解決できる問題ではありません。社会保障は、どなたも将来に不安を抱いている。その不安を取り除くために、社会保障を持続可能な物にする。維持するだけでなく評価する物も含めて、未来に永続して続ける社会保障の機能を確保するために安定財源が必要です。

安定財源ということは、国民に負担をお願いすることであります。耳障りのいいことを言って国民の関心を買う政治ではなくて、(国民も)つらいかもしれないけども、訴える側もつらいんです。選挙が厳しくなるかもしれない、と誰もが思う。負担する側もつらいけども、つらいテーマでもしっかりとお訴えをして、ご理解をいただくという政治を日本で作れるかが正念場だと私は思っています。欧州債務危機は対岸の火事ではありません。

そのことも踏まえて、まさに鳥の目から俯瞰をして、「今何をしなければいけないのか」ということに、きちんと答えられる政治をしたいと思います。そのための布陣を今回引かせていただけいました。 是非、皆様におかれましてもご理解いただければと思っております。
関連リンク

【話題】第二次野田内閣が決定
【議論】内閣改造人事は評価できる?

あわせて読みたい

「野田改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  3. 3

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  4. 4

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  5. 5

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

  6. 6

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  7. 7

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  8. 8

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  9. 9

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  10. 10

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。