記事

ナイキの厚底は「ドーピングシューズ」か

1/2

人気沸騰のランニングシューズ「ナイキ ズームヴェイパーフライ4%」。ソールにカーボンプレートが入っており、「下り坂を走っているような走り心地」といわれる。国内外で新記録を出しているが、速く走れる靴はルール違反ではないのだろうか。また新色を出しているのに、どうして生産数を増やさないのか。ナイキの担当者に疑問をぶつけた――。


新色「ズームヴェイパーフライ4%」の側面画像(写真提供=ナイキ)

■発売数分で売り切れ ナイキの厚底はどこがすごいのか

4月11日午前9時00分。日本全国のファンがその瞬間、一斉に「購入」した。筆者もそのひとり。直前からパソコンの前でスタンバイし、公式オンラインストアで発売開始と同時に商品をカートに入れた。「順番待ちをしています」の表示。お、購入成立か。心躍らせたが、数分後には「現在、在庫切れです」に変わり、購入することはできなかった……。

この日、「ナイキ ズームヴェイパーフライ4%」に待望のニューカラーが登場した。これまでにも発売日になると原宿のショップに行列ができた、「ナイキの厚底」。最近は“魔法のシューズ”とも呼ばれている。

なぜか。

いまナイキの厚底が国内外のメジャーレースを席巻しているからだ。

海外では2017年4月のボストンマラソンでこのシューズを履いた選手が1~3位を独占。同じように、同年9月のベルリンマラソンではエリウド・キプチョゲ(ケニア)が昨季の世界最高となる2時間3分32秒をマークした。国内でも、同年12月の福岡国際マラソンで2時間7分19秒の好タイムで3位に入った大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)を含むトップ4、さらに2018年2月の東京マラソンで2時間6分11秒の日本記録を樹立した設楽悠太(ホンダ)もこのシューズだった。

▼2万5920円の「厚底」がシューズ市場の勢力図を塗り替える

このビッグウエーブはランニング市場の勢力図も大きく塗り替えようとしている。各メーカーと契約するトップ選手は「別注シューズ」を履いていることが多いが、彼らが履くズームヴェイパーフライ4%はサイズ、カラーを含めて市販されているモデルとまったく同じだからだ。そのため各地の市民レ―スでもナイキの厚底を履くランナーが目立つようになってきた。

このシューズは2万5920円(ナイキオンラインストアでの税込み価格)とランニング用としては格段に高い。にもかかわらず品薄状態が続いている。新色登場で人気度はさらに高まることが必至だ。そこで、ナイキ マーケティング担当・加部槇太郎さんに、ズームヴェイパーフライ4%に対する疑問をぶつけてみた。

■驚異的な軽さとクッション性の秘密は「カーボンプレート」

まずは「厚底」の秘密について。レース用シューズは1gでも軽く、というのが従来のセオリーだった。だがズームヴェイパーフライ4%はまったく逆のアプローチをとった。それはどうしてなのか。

[ブログで画像を見る]

「シューズのヒントはアスリートの言葉ですね。クッショニングがしっかり装備されているシューズがほしい、と(昨季、世界最高記録を出した)キプチョゲ選手などから要請があったんです」(加部さん)

マラソンに超高速化をもたらしたアフリカ勢は、未舗装の道でトレーニングを積んでおり、路面の硬いロード(アスファルト)を嫌う。このためクッション性をもちながら、推進力も発揮できる“新発想”のシューズ作りがスタートした。

このシューズは最も厚い部分で約4cmのソールがある。ソールは大きなスプーン状のカーボンファイバー製プレートを特殊素材で挟む3層構造になっている。厚底といっても重量は28センチの靴で184グラム。手に持つと多くの人がその「軽さ」に驚くほどだ。

「カーボンプレートがなければ、柔らかいだけですが、カーボンがあるからこそ、反発が出て、ほどよいクッションになる。このバランスが難しいんです。カーボンが屈曲するのに耐えられるようなクッショニングがあり、しかも軽量という新素材(ズームXフォーム)に出会わなければ、ズームヴェイパーフライ4%は誕生しなかったと思います」

▼「下り坂を走っているみたい」箱根駅伝で40人が履いた

このシューズの特徴は爪先がせりあがっていることだ。これを履いて重心を前へ傾けることで、前足部がググッと曲がり、もとのかたちに戻るときに、グンッと前に進む。南アフリカ・フリーステート大学の運動生理学者ロス・タッカーは、「ランニング効率が4%高まると、勾配が1~1.5%の下り坂を走るのに相当する」と指摘している。事実、シカゴマラソンを制したゲーレン・ラップ(米国)は、「まるで下り坂を走っているみたい」と表現している。

2018年正月の箱根駅伝では、10人中8人がこのシューズを履いた東洋大学が往路を制して、総合2位。出場大学の選手全体では40人近い選手が着用していたことで、前年は4位だったナイキのシューズ占有率は、今年アシックスを抜いてトップになった。

もともとナイキのランニングシューズはトップランナーでのシェアは高くなかったが、状況は一変。各地の大会でナイキのブースを出すと、これまでの来客は、10~20代の若い世代が中心だったものの、40~50代ランナーから「あの厚底はありませんか?」という問い合わせが殺到するようになったという。

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  4. 4

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  5. 5

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  7. 7

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

  9. 9

    Chromeで迷惑ソフト発見する方法

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    ソシャゲで借金 主婦が風俗勤め

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。