記事

文春「セクシー個室ヨガ」報道に経営者反論 予約ページでは「過剰なサービスを求められてもお応えしかねます。納得の上で予約・来店して」

4月25日発売の「週刊文春」で、林芳正文部科学大臣が公用車で通っていたと報道された「ポジティブスターヨガ」の経営者が、記事中で「セクシー個室ヨガ」と称されたことについてブログで反論した。経営者は、元グラビアアイドルの庄司ゆうこさん。文春の記事では同ヨガスタジオについて

「グラビアモデルらが個室でヨガの後、客に目隠しし一対一でオイルマッサージをしてくれる特別な店」

などと書かれていたが、庄司さんはブログで

「記事の内容はあたかもいかがわしい内容を想像させるもので事実とはまったく違うため断固否定をさせて頂きます」

とコメントした。

文春の後追い報道をしたニュースサイトも記事削除して謝罪

画像は庄司さんのブログのキャプチャ
画像は庄司さんのブログのキャプチャ

また、記事中で「元AV女優」と紹介されたことについても「元グラビアです」と明言し、

「このような過去の経歴や軽率な記事の掲載により、間違った想像をかきたてる週刊文春の記事はセクハラであり、職業差別と感じます。訂正と、謝罪を求めたいと思います」

と、淡々と綴っていた。

庄司さん曰く、ポジティブスターヨガは「健全なヨガスタジオ」だという。報道によって問い合わせが殺到しており、「まず真面目に通って頂いておりますお客様にご心配をおかけしてしまっている事を申し訳なく思っております」と心境を吐露していた。報道やネットでの反応については

「ネットやツイッターなどでキャバクラヨガと書かれていますが、うちはキャバクラでもなく、いかがわしい風俗店では一切ありませんのでお間違えのないようにお願い致します」

と念押ししている。

24日には、ニュースサイトのリテラが「林芳正文科相の"キャバクラヨガ"通いを文春がスクープ! 前川前次官の出会い系バー問題を糾弾した安倍官邸はどう対応するのか」というタイトルの記事を掲載。その後「この店舗が『風俗』的な『セクシーなサービス』を行っていることは確認できませんでした」として削除・謝罪している。

林大臣は「公私のけじめはしっかりつけていくべきだったと反省」

現在、同社サイトの予約フォームには、

「当スタジオは男性のお客様にもマンツーマンレッスンを基本としてレッスンを行っておりますが、あくまでも健全なヨガ指導を目的としており、キャバクラや風俗店のようなサービスは一切ございません」
「一部報道にありますような過剰なサービスを求められてもお応えしかねますので、ご納得いただいた上でご予約ご来店いただきますよう今一度お願い申し上げます」

という注意書きが掲載されている。

林文部科学大臣は4月25日、公用車でヨガに通ったことについて、「公務と公務の間の利用で、公用車使用のルールに則ったもの」と説明したが、「それはそれとしてしっかりと公私のけじめはしっかりつけていくべきだったと反省している」と述べていた。

あわせて読みたい

「キャバクラヨガ報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タンス貯金が税務署にばれるワケ

    MONEY VOICE

  2. 2

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  5. 5

    豊洲移転は逆風 卸業者が苦言

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  8. 8

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  9. 9

    安田さん本人確認へ 15時以降に

    ロイター

  10. 10

    マツコ「いじめにも罰則が必要」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。