記事

新元号発表 新天皇即位当日に公布となる可能性も


【いつ新元号が発表されるか(AFP=時事)】

 2019年4月30日、今上天皇が生前退位し、翌5月1日に皇太子が新天皇に即位する。改元年である2019年、最初に迎える「代替わり行事」が新元号の公表である。2019年1月7日に即位30年を迎える天皇の「在位30年記念式典」を2月24日に開催することに決めた政府は現在、新元号公表を式典終了以降にすることで最終調整に入った。

 政府が当初考えていた公表時期は、元号を使用する官民のシステム改修に伴う期間やカレンダー業界に配慮した「2018年夏」だった。

 ところが、「早過ぎると国民の関心が新天皇へと移り、“今上天皇との『二重権威』が生じる。在位中の天皇陛下の威厳が損なわれる”と自民党内の保守系議員らが反発」(自民党関係者)して頓挫した。

 次に出た「2018年年末」「2019年年明け」案のいずれも同様の理由でボツとなった。

“いつならいいのか?”と政府が苦慮するなかで記念式典の日取りが決まり、そのタイミングに合わせたというわけだ。だが、それでも反発の声は消えない。宮内庁関係者が言う。

「そもそも改元は天皇陛下の崩御後に行なわれてきたもので、2月でも早いとの意見が庁内では根強い。当初の『2018年8月案』は、政府がカレンダー業界などへ配慮したものだが、改元を民間の都合に合わせるという考え方自体がおかしい」

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏もこう言う。

「御代替わり前に新元号の政令を公布することになれば、今上陛下が次の御代の元号を政令書に署名することになる。2019年2月時点では皇太子殿下は天皇の国事行為である政令書への署名はできません。元号の性格から考えますと、政令書への署名はその御代の天皇がするべきですから、新元号の公布は5月1日でいいと思っています」

 政府が発表したのは2月24日“以降”であり、山下氏が言うように5月という可能性もあり得るのだ。

※週刊ポスト2018年5月4・11日号

あわせて読みたい

「皇位継承問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。