記事

仮想通貨の取引高、ピーク時から半減 過熱感後退で

[ロンドン 20日 ロイター] - 仮想通貨の取引状況を調査するウェブサイト、クリプトコンペアが20日に公表したデータによると、仮想通貨の取引高が2017年12月のピークから半減した。個人投資家の興味が低下しているほか、価格が昨年末に付けた高値を大幅に下回っていることに起因する。

全ての仮想通貨取引所における一日の平均取引高は、17年12月に170億ドルに迫った。18年3月は91億ドルに減り、4月前半は74億ドルまで減った。

ビットコインなどの仮想通貨の高騰に伴い、17年末にかけて仮想通貨が猛烈に買われた。これを受け各国規制当局は警告を発し、一部は市場の規制強化に踏み切った。仮想通貨の主要市場である中国は、政府が地元の仮想通貨取引所を閉鎖した。

市場が最大規模のビットコイン<BTC=BTSP>相場は17年12月と18年1月にピークを付け、足元では半分の水準まで値下がりした。市場規模が2番目のイーサリアム<.MVETH>や3番目のリップル<.MVXRP>は、それ以上に値下がりしている。

ただ、3月と4月の仮想通貨の取引高は依然として、17年11月時点の水準を保っている。17年3─4月と比べ25倍ほどだ。

クリプトコンペアのクリプトコンペア、チャールス・ヘイター氏は「新しい先物商品が登場し、17年12月はハイプサイクルにおける期待感が高まる時期を迎えた。ほとんどが個人投資家の動きで、韓国と日本の動きが主な火付け役だ。こうした時期が過ぎ今は取引高が減った」と発言。「空騒ぎを受け、各国政府が幾分事態を沈静化した」と付け加えた。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  6. 6

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  9. 9

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  10. 10

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。