記事

お詫びと真意

4月20日のTwitter投稿に関し、お詫びをいたしますとともに、以下、真意を記させて頂きます。

たくさんのご意見を拝読し、私自身の発言そのものがセクハラにあたるというご指摘を真摯に受け止め、気分を害された方々に、写真に掲載されている女性議員の皆様に、心からお詫びを申し上げたいと思います。本当に申し訳ございませんでした。

審議を拒否される同時刻、Me Tooと訴える議員諸氏の姿に、憤りを禁じ得ず、「無縁な方々」との表現をしてしまったことを猛省しております。

財務省等のセクハラ問題は看過できません。同時に、タクシー等でのセクハラ、不倫疑惑、女性議員に対する暴力疑惑なども同様だという怒りがありました。これら行為に目を瞑るということは、「身内のセクハラ問題には無関心」であるということ、これと、複数の男性議員が含まれていましたので「無縁な方々」と関連付けて投稿したというのが真意です。

しかし、多くのご指摘のとおり、女性議員に対するセクハラ発言ともとれる投稿だということも理解いたしました。あらためて、心からお詫び申し上げます。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。